神棚の設置と祀り方

神棚(かみだな)の設置の方法と祀り方(まつりかた)について解説します。神棚は、神社でいただいたお神札をおまつりする神聖な場所です。設置するときの家の中での位置や置き方や向き(方位・方角)は大切です。扉や棚板が必要になります。お札やお供えの作法、「空」「雲」などの付け方、処分するとき、通販での購入、などをご説明しております。このサイトで神棚のお祀りについて学んでいただき、ぜひご家庭にも置いて、家族の健康と安全や平穏無事に過ごせたことへの感謝を、毎日神棚にお参りしましょう。

三社(三社宮)の神棚

神棚の「三社」三社宮)についてご紹介します。

神棚とは、伊勢神宮からいただいた神札や、神社からいただいた神札を祀るための「社」と、その社を設置するための「棚」のことをいい、扉がひとつの一社宮と、扉が3つの「三社」(三社宮)が最も多く使われています。

三社には、通し屋根のものと、屋根違いのものがあります。 一社にするか三社にするかは、お祀りするスペースにもよりますが、本来は三社宮を御祀りすべきものです。

お神札の納め方ですが、三社宮の場合、社の中央が一番の上座で、次が向かって右、その次が左です。従って、中央に天照皇大神宮さま、右に氏神さま、左に御先祖又は信仰している神の御神札をおまつりするのが、三社のおまつりの仕方です。

御祀りしている神棚が三社宮ではなく一社宮の場合は、一番前が大神宮様、その後に氏神様、その後にその他の神様を奉安します。

三社でも一社でも扉は閉めても構いませんが、開けておく場合は御簾をさげておくと良いでしょう。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 07:22 | 扉・棚板・壁掛け神棚など

最近の記事

神棚の設置と祀り方 最新記事一覧
神棚の設置と祀り方 カテゴリー
タグ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。