神棚の設置と祀り方

神棚(かみだな)の設置の方法と祀り方(まつりかた)について解説します。神棚は、神社でいただいたお神札をおまつりする神聖な場所です。設置するときの家の中での位置や置き方や向き(方位・方角)は大切です。扉や棚板が必要になります。お札やお供えの作法、「空」「雲」などの付け方、処分するとき、通販での購入、などをご説明しております。このサイトで神棚のお祀りについて学んでいただき、ぜひご家庭にも置いて、家族の健康と安全や平穏無事に過ごせたことへの感謝を、毎日神棚にお参りしましょう。

仏壇と神棚の位置関係

仏壇神棚を同じ部屋の中にお祀りしていいのかどうか、同じ部屋の中に置くとしてもどう置けばいいのか、悩んでしまうかもしれません。

「仏壇と神棚とを同じ部屋に置くのは良くない」と言う方もいるようですが、実はそんなことはなく、同じ部屋でも構わないようです。

通常、仏壇を置いてある部屋は、家の中で最もいい部屋であることが多いので、むしろ同じ部屋に置く方がオススメなのです。

ただし、仏壇といっしょの部屋に設置する場合は、ちょっとした注意が必要です。それは、「神棚と仏壇とが向かい合うようには置かないこと」です。向かい合わせに置く事は「凶相」であるといわれているからです。

神棚を置く方向は南向きか東向き、仏壇は南向きか東向きか西向き、がいいとされています。2つを置く時は、並べて置くか、L字になるように置きましょう。

(1)仏壇と神棚を並べて置く場合

神棚は部屋の中心に近い位置に、仏壇は脇の方の位置に置きます。つまり、神棚が「主」、仏壇が「従」という位置関係になるように置くということです。

(2)仏壇と神棚をL字に置く場合

同じく、良い方の場所に神棚、それ以外の場所に仏壇、を設置します。
タグ:位置


スポンサーリンク
posted by kamidana at 05:12 | 設置・位置・方角

最近の記事

神棚の設置と祀り方 最新記事一覧
神棚の設置と祀り方 カテゴリー
タグ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。