神棚の設置と祀り方

神棚(かみだな)の設置の方法と祀り方(まつりかた)について解説します。神棚は、神社でいただいたお神札をおまつりする神聖な場所です。設置するときの家の中での位置や置き方や向き(方位・方角)は大切です。扉や棚板が必要になります。お札やお供えの作法、「空」「雲」などの付け方、処分するとき、通販での購入、などをご説明しております。このサイトで神棚のお祀りについて学んでいただき、ぜひご家庭にも置いて、家族の健康と安全や平穏無事に過ごせたことへの感謝を、毎日神棚にお参りしましょう。

伊勢神宮と神棚

神棚には、伊勢神宮のお神札である神宮大麻(じんぐうたいま)を第一にお祀りします。そして伊勢神宮のお神札の次に、住んでいる地域を守る氏神さまのお神札、そのほかに崇敬する神社のお神札をおまつりします。

天照大御神(あまてらすおおみかみ)をお祀りする伊勢神宮のお神札が、神宮大麻です。伊勢神宮の天照大御神は、日本人に稲を授けてくださった神さまです。古くから皇室の御祖神(みおやがみ)として、そして日本人の総氏神として、伊勢神宮の天照大御神は尊ばれてきています。

伊勢神宮の神宮大麻は、地域の氏神さまを通して、毎年年末に全国の家庭に配られます。古くなった伊勢神宮のお神札は、一年間のご加護に感謝してから、氏神さまにお納めします。

伊勢神宮の神宮大麻は、伊勢神宮の内で身を浄めた方々によって行なわれる、「大麻暦奉製始祭」「大麻用材伐始祭」「大麻修祓式」などの様々な祭儀を経て、奉製されます。奉製された伊勢神宮の神宮大麻は、お祓いのときに神職が使う大麻(おおぬさ)と同じく清浄なものです。

神棚にお祀りされる伊勢の神宮大麻には、皆が健康で幸福な一年を過ごせるようにとの願いが込められています。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 04:00 | お札・お供え・お参りの仕方

最近の記事

神棚の設置と祀り方 最新記事一覧
神棚の設置と祀り方 カテゴリー
タグ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。