神棚の設置と祀り方

神棚(かみだな)の設置の方法と祀り方(まつりかた)について解説します。神棚は、神社でいただいたお神札をおまつりする神聖な場所です。設置するときの家の中での位置や置き方や向き(方位・方角)は大切です。扉や棚板が必要になります。お札やお供えの作法、「空」「雲」などの付け方、処分するとき、通販での購入、などをご説明しております。このサイトで神棚のお祀りについて学んでいただき、ぜひご家庭にも置いて、家族の健康と安全や平穏無事に過ごせたことへの感謝を、毎日神棚にお参りしましょう。

モダンな神棚

モダン神棚を見つけました。お札を祀りたいのだけれど、神棚を設置するスペースがない、本格的な神棚はちょっと・・・、などという方にオススメの、モダンでシンプルな神棚です。

自立タイプなので、机やサイドボードなどの上に置くことができ、モダンな雰囲気が楽しめます。裏面には、壁や柱に掛けることができる穴も付いています。本体の素材は檜の無垢材で、お札止めと本体との接合部分にはブラックウオールナット材のピンが使用されています。

ディテールの美しさにこだわった、職人による丁寧な手作りのモダンな神棚です。納めるお札の大きさにより、大(120×120×H450mm)と小(120×120×H390mm)の2種類のサイズがあります。このモダンな神棚は、アートディレクターであり陶芸家でもある稲生一平さんのデザインです。

モダンな神棚は、『CONFORT 6月号』、『リアルデザイン5月号』、『家庭画報5月号』、『家庭画報7月号ショッピングサロン』などに掲載されました。

また、埼玉県神社庁は、洋風建築やモダンな部屋にも合う、今までにないデザインの「未来の神棚」のコンテスト、を始めました。優秀作品は製品化も検討されます。どんなモダンな神棚がデザインされるのか、楽しみですね。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 02:00 | 通販での購入

最近の記事

神棚の設置と祀り方 最新記事一覧
神棚の設置と祀り方 カテゴリー
タグ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。