神棚の設置と祀り方

神棚(かみだな)の設置の方法と祀り方(まつりかた)について解説します。神棚は、神社でいただいたお神札をおまつりする神聖な場所です。設置するときの家の中での位置や置き方や向き(方位・方角)は大切です。扉や棚板が必要になります。お札やお供えの作法、「空」「雲」などの付け方、処分するとき、通販での購入、などをご説明しております。このサイトで神棚のお祀りについて学んでいただき、ぜひご家庭にも置いて、家族の健康と安全や平穏無事に過ごせたことへの感謝を、毎日神棚にお参りしましょう。

神棚をマンションに設置する場合

神棚マンションに設置する方法についてご説明いたします。

マンションでは、壁に釘を打ち付けることができない場合がほとんどです。このようなマンションの場合は、棚を設ける神棚方式ではなく、間口は三尺程度で床から積み上げていく神床方式で、その上段に神社の御神札を祀る事になります。

または、整理ダンスなどの上に板を一枚敷いて、その上に祀るという方法になってしまうのも、マンションなどの場合は仕方ありません。

デザインがモダンな家やマンションなので、日本的な雰囲気の神棚は置きたくないが、神様はおまつりしたいという場合があります。その場合は、神札を札筥(箱)に納めて祀るという方法もあります。

和風建築では、神棚を「かもい」や長押(なげし)の上に祀ってきました。しかし、住居の洋風化が進んで、マンションなどでは釘を打てないところが増えてきて、いつしか神棚を祀る家も減ってきていました。

ところが最近では、世相を反映してか、心のよりどころなどとして神棚の存在が見直され、マンションなどでも神棚を設置する方が増えてきているようです。

お祀りする場所をどうするかということよりも、お祀りしている場所の環境を毎日良好に保つこと、毎日献水をすること、きちんと榊立にサカキを収めて供えることなど、要するに気持ちの問題、心の問題の方が大切だと思われます。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 05:00 | 設置・位置・方角

最近の記事

神棚の設置と祀り方 最新記事一覧
神棚の設置と祀り方 カテゴリー
タグ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。