神棚の設置と祀り方

神棚(かみだな)の設置の方法と祀り方(まつりかた)について解説します。神棚は、神社でいただいたお神札をおまつりする神聖な場所です。設置するときの家の中での位置や置き方や向き(方位・方角)は大切です。扉や棚板が必要になります。お札やお供えの作法、「空」「雲」などの付け方、処分するとき、通販での購入、などをご説明しております。このサイトで神棚のお祀りについて学んでいただき、ぜひご家庭にも置いて、家族の健康と安全や平穏無事に過ごせたことへの感謝を、毎日神棚にお参りしましょう。

神棚の祀り方には決まりがあります

神棚の祀り方には決まりがあります。ちなみに「祭る」だと、お祭りや儀式を表現するようです。「祀る」の方が安置するという意味があるそうです。

そもそも神棚とは、家庭や会社・店(舞台やテレビ局などにもよくみかけられます)に設けられたものです。信仰する神社の分霊やお札を祀るのが神棚です。つまり自宅や会社にある小さな神社と言えます。

神棚が一般に広まったのは、江戸時代だそうです。元々は伊勢神宮信仰が始まりで、平安時代後期頃に始まったとされています。

神棚を祀るのに良いとされる方角(向き)があり、東向きまたは南向きまたは東南向きです。そして神棚の位置は、大人が立った時の目線より上とされています。

家族が集まる場所に設けられるのが一般的ですが、床の間や応接用の部屋に神棚を設けることも多いようです。基本は、神棚はその会社や家庭の一番清らかな場所で、明るい部屋が良いようです。

神棚を設置する場所を決めるときは、慎重にしましょう。神棚をまつるに相応しい方向や場所や高さを、良く考慮することから始めましょう。
タグ:神棚 祀り方


スポンサーリンク
posted by kamidana at 11:09 | 神棚の祀り方

最近の記事

神棚の設置と祀り方 最新記事一覧
神棚の設置と祀り方 カテゴリー
タグ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。