神棚の設置と祀り方

神棚(かみだな)の設置の方法と祀り方(まつりかた)について解説します。神棚は、神社でいただいたお神札をおまつりする神聖な場所です。設置するときの家の中での位置や置き方や向き(方位・方角)は大切です。扉や棚板が必要になります。お札やお供えの作法、「空」「雲」などの付け方、処分するとき、通販での購入、などをご説明しております。このサイトで神棚のお祀りについて学んでいただき、ぜひご家庭にも置いて、家族の健康と安全や平穏無事に過ごせたことへの感謝を、毎日神棚にお参りしましょう。

神棚は、神棚・神具専門店で

神棚は、神棚・神具専門店で販売されています。また、仏壇・仏具を販売している会社が、神棚・神具も扱ってる事も多いようです。

そういった販売店に相談にのってもらうのも、良い方法でしょう。神棚・神具専門店などで神棚を実際に見ることも大事です。近頃では、オンラインショッピングや通販で神棚を購入することも可能です。

さて、神棚を飾るのは一戸建てとは限りません。会社や、家庭がマンションの場合もあります。神棚をマンションに飾る場合にも、一戸建てと同じように飾ります。

しかし、神棚の上を人が歩くことは禁じられており、つまり階上がある場所は避けることとされています。マンションの場合は、どうしても上に人は住んでいることがあります。その場合には、必ず神棚の上の天井に「天」と墨書きした半紙や紙を貼るようにします。

「天」以外には「雲」「空」などでも良いとされています。また、それらの文字を拝した物(雲板などと呼ばれるようです)も販売されています。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 00:00 | 通販での購入

最近の記事

神棚の設置と祀り方 最新記事一覧
神棚の設置と祀り方 カテゴリー
タグ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。