神棚の設置と祀り方

神棚(かみだな)の設置の方法と祀り方(まつりかた)について解説します。神棚は、神社でいただいたお神札をおまつりする神聖な場所です。設置するときの家の中での位置や置き方や向き(方位・方角)は大切です。扉や棚板が必要になります。お札やお供えの作法、「空」「雲」などの付け方、処分するとき、通販での購入、などをご説明しております。このサイトで神棚のお祀りについて学んでいただき、ぜひご家庭にも置いて、家族の健康と安全や平穏無事に過ごせたことへの感謝を、毎日神棚にお参りしましょう。

神棚は神明造

神殿(お宮または社)は、ほとんどが伊勢神宮を表現したものだそうです。その様式を神明造と呼びます。

また神殿(お宮または社)の扉の数によって大きさを表します。一社造りより三社造りの方が大きくなってます。奉るお札の数や大きさによっても変わってきます。当然ながら、置き場所の寸法(サイズ)によっても変わってくることでしょう。

神殿(お宮または社)の価格は、大きさだけで決まるものではありません。素材の木の種類や、使われている部分によっても、価格は変わってきます。いわゆるミニサイズでも高いものもあります。

神棚は、いつも綺麗にすることを心がけなければいけません。神棚の掃除は、重要な習慣です。

そして、毎日お供えするのがお米・お塩・お水です。お酒とお米・お塩・お水を、神饌(しんせん)と呼びます。神饌は、正式には三方(さんぼう)と呼ばれる木でできた台に乗せてお供えするとされています。この三方は、神社で厄年の時の厄払いなどで見たことがあるではないでしょうか。

しかし、家庭などでは三方を用いなくても良しとされています。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 07:33 | 神棚の祀り方

最近の記事

神棚の設置と祀り方 最新記事一覧
神棚の設置と祀り方 カテゴリー
タグ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。