神棚の設置と祀り方

神棚(かみだな)の設置の方法と祀り方(まつりかた)について解説します。神棚は、神社でいただいたお神札をおまつりする神聖な場所です。設置するときの家の中での位置や置き方や向き(方位・方角)は大切です。扉や棚板が必要になります。お札やお供えの作法、「空」「雲」などの付け方、処分するとき、通販での購入、などをご説明しております。このサイトで神棚のお祀りについて学んでいただき、ぜひご家庭にも置いて、家族の健康と安全や平穏無事に過ごせたことへの感謝を、毎日神棚にお参りしましょう。

神棚と風水、遷座式

神棚と仏壇については、奉り方は異なるようです。風水や家相などでは、良い方角や避けるべき方角などがあります。

仏壇の上に神棚を奉るのは良くないとされています。家が新築した時などに神棚を祀り飾る場合も多いようで、その時に方位などの風水に凝る人も多いようです。

神棚には暖簾のような幕を掲げます。これは神前幕とよばれるもので、神前幕には無地・稲荷紋・巴紋などの種類があります。

神棚を移動させなければいけないような状況があります。例えば引越しや事務所などの移転、または同じ建物内での移設などが考えられます。そのような時には、地域の神社に相談しましょう。

神棚の移動・移転・引越しなどで神棚を動かすことを、神様にご報告する「遷座式(せんざしき)」をとりおこなってくださるでしょう。

ところで、神社と言えば、稲荷を思い出す人も多いでしょう。稲荷神社は屋敷神とされ、ビルの屋上にあったりする数多い神社です。江戸時代は、江戸に多いものの一つが稲荷神社といわれていたそうです。
タグ:風水 神棚


スポンサーリンク
posted by kamidana at 07:39 | 設置・位置・方角

最近の記事

神棚の設置と祀り方 最新記事一覧
神棚の設置と祀り方 カテゴリー
タグ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。