神棚の設置と祀り方

神棚(かみだな)の設置の方法と祀り方(まつりかた)について解説します。神棚は、神社でいただいたお神札をおまつりする神聖な場所です。設置するときの家の中での位置や置き方や向き(方位・方角)は大切です。扉や棚板が必要になります。お札やお供えの作法、「空」「雲」などの付け方、処分するとき、通販での購入、などをご説明しております。このサイトで神棚のお祀りについて学んでいただき、ぜひご家庭にも置いて、家族の健康と安全や平穏無事に過ごせたことへの感謝を、毎日神棚にお参りしましょう。

神棚の処分と交換

神棚は大事に扱い、掃除をこまめに行い、毎日お供え物をして奉るものです。では、神棚の処分はどう行なうのでしょうか。

そもそも神棚は、毎年交換するものではないようです。しかし地方によっては、一年毎に神棚を新しくするそうです。

一般的には神棚が古くなったり、破損したりして、新しい神棚に交換するようです。その場合にはだいたい5年〜10年位の期間でしょうか。神棚を新しく購入し設置するのは、新築や引越し・自宅のリフォーム時などが多いようです。

神棚を新たに設置し奉る時には、近くの神社に相談をし、ここに神棚を設置しましたと神様に報告する儀式を行なっていただきます。それと同じように、古くなった神棚を新しい神棚に交換する時にも、神社に相談してお祓いをしていただきます。また、近所の神社がわからないようであれば、神棚を買った店が相談にのってくれるでしょう。

しかしながら、基本は神社に相談の上、祝詞を上げていただき、「魂抜き」をしてお焚き上げするのが正式のようです。ただし神棚に置かれていた供物の用品の中には燃えないもの(燃やせないもの)があります。そのような用品は不燃物として出すようです。

近年は一人暮らしの方が亡くなった時など、その遺品を整理する業者が、神棚や仏壇の撤去も請け負ってくれるようです。
タグ:処分 神棚 交換


スポンサーリンク
posted by kamidana at 01:00 | 処分の仕方

最近の記事

神棚の設置と祀り方 最新記事一覧
神棚の設置と祀り方 カテゴリー
タグ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。