神棚の設置と祀り方

神棚(かみだな)の設置の方法と祀り方(まつりかた)について解説します。神棚は、神社でいただいたお神札をおまつりする神聖な場所です。設置するときの家の中での位置や置き方や向き(方位・方角)は大切です。扉や棚板が必要になります。お札やお供えの作法、「空」「雲」などの付け方、処分するとき、通販での購入、などをご説明しております。このサイトで神棚のお祀りについて学んでいただき、ぜひご家庭にも置いて、家族の健康と安全や平穏無事に過ごせたことへの感謝を、毎日神棚にお参りしましょう。

神棚を自宅や会社・事務所などに祭る

神棚を自宅や会社・事務所などに祭るのは、とても良い事です。自宅や会社などに小さな神社が出来ることと同じであり、神様をお迎えする事になります。

神棚を設置する棚は自作することも簡単ですし、またキットも販売されています。それこそ工作をするような感じです。白木を購入して製造しても良いでしょう。

神棚の置き方や方位を確かめ、設置方法を検討し、神社や神棚を販売している店などに相談しておこなうと、問題ないでしょう。

家を新築する時には、地鎮祭を行います。地鎮祭を、新築時に神棚を祀るきっかけとするのも良いでしょう。また、引越しの時に神棚を祀ったり、また移動させたりすることもあるでしょう。そのような時にも、引越し先の部屋などのお払い共々、お願いする人も多くいるようです。

神棚は通常、棚の上に神明造などの神殿(お宮または社)をお祭りします。

それ以外に吊り式の神棚があります。それは箱宮と呼ばれます。この箱宮は板の上に置いてもよいですし、壁にそのまま吊り下げられるように留め金も付いています。箱宮は、より設置方法が簡単といえるでしょう。

神棚には、榊とお酒・お水・お塩・お米は必ずお供えしなければなりません。その他の装飾品も、出来ることならば置いた方がよいでしょう。

また、神社から頂く縁起物も一緒に飾りましょう。破魔矢・熊手などの縁起物は、神棚の側面または床の間などにお祭りしましょう。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 03:00 | 設置・位置・方角

最近の記事

神棚の設置と祀り方 最新記事一覧
神棚の設置と祀り方 カテゴリー
タグ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。