神棚の設置と祀り方

神棚(かみだな)の設置の方法と祀り方(まつりかた)について解説します。神棚は、神社でいただいたお神札をおまつりする神聖な場所です。設置するときの家の中での位置や置き方や向き(方位・方角)は大切です。扉や棚板が必要になります。お札やお供えの作法、「空」「雲」などの付け方、処分するとき、通販での購入、などをご説明しております。このサイトで神棚のお祀りについて学んでいただき、ぜひご家庭にも置いて、家族の健康と安全や平穏無事に過ごせたことへの感謝を、毎日神棚にお参りしましょう。

当サイトへご訪問ありがとうございます!

当サイト「神棚の設置と祀り方」では、神棚(かみだな)の設置の方法と祀り方(まつりかた)について解説しております。主に、お札やお供えの作法、「空」「雲」などの付け方、処分するとき、通販での購入、などをご説明しております。詳細は、各カテゴリー、各ページをお読みください。

神棚のお祀りについて当サイトの情報を参考にしていただき、ぜひご家庭にも神棚を置いて、家族の健康と安全や平穏無事に過ごせたことへの感謝を、毎日神棚にお参りしましょう。

神棚は、神社でいただいたお神札をおまつりする神聖な場所です。家や事務所などに設けられ、崇敬する神社の分霊や御札など神道の神を祀るための棚です。家では、家族がよく集まる茶の間などの場所に設けられますが、座敷などの接客用の部屋に設ける場合もあります。

設置するときには、家の中での位置、置き方、向き(方位・方角)は特に大切です。東向きか南向きの方角で、大人の目線より高い位置に設置します。また、神棚には扉や棚板が必要になります。

神棚を設置したら、小型の神社を摸した宮形(みやがた)を置き、そこに伊勢神宮や氏神、信仰する神の御札(おふだ)を納めます。そして手前に神鏡(しんきょう)、榊(さかき)、燈籠(とうろう)、神饌(しんせん)を供えます。さらに神棚の最上部には注連縄(しめなわ)を張り、そこに紙垂(しで)を4枚はさみ込みます。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 00:00 | 設置・位置・方角

最近の記事

神棚の設置と祀り方 最新記事一覧
神棚の設置と祀り方 カテゴリー
タグ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。