神棚の設置と祀り方

神棚(かみだな)の設置の方法と祀り方(まつりかた)について解説します。神棚は、神社でいただいたお神札をおまつりする神聖な場所です。設置するときの家の中での位置や置き方や向き(方位・方角)は大切です。扉や棚板が必要になります。お札やお供えの作法、「空」「雲」などの付け方、処分するとき、通販での購入、などをご説明しております。このサイトで神棚のお祀りについて学んでいただき、ぜひご家庭にも置いて、家族の健康と安全や平穏無事に過ごせたことへの感謝を、毎日神棚にお参りしましょう。

神棚って、どこで買える?/神棚コラム

神棚が古くなってきて、危ないので替えたいという方もおいででしょう。神棚は通常は仏具店等で売っています。実は通信販売の最大手の企業でも神棚を販売しています。どこで買えばいいのか分からないで、途方に暮れている方は検索してみるとよいでしょう。

神棚には、幾つか種類がございます。扉の数が違う一社の神棚、三社の神棚、屋根がフラットな通し屋根、箱型にすべてがおさまった神棚などです。すべてのお札を納めた一社の神棚はコンパクトで高い場所に据えてあることが多いのですが、お仏壇のように床の間のようにくぼんだ場所に据え置く地方もございます。箱型の神棚を置くことが多いようです。各々サイズが違いますのではかってから購入しましょう。本当は五社の神棚もあるのですが、今の日本の住宅は狭いので一社、三社のものしか販売していないお店が多いようです。

神棚の価格はものによりますが、三社のもので、おおよそ30万円ぐらいが相場のようです。神具や取り付けの費用、精を宿すための祈祷代金もございますので、予算をきちんと組んで計画的に購入しましょう。出来たら一族の皆様が、少しずつお金を出し合っておくとよいですね。他の家に神棚が無い場合は、おける人の家におくことが多いのです。

昔ながらの豪華な印象のデザインだけでなく、今風のシンプルデザインでインテリアの邪魔にならない神棚もあるそうです。本当に古くなってきたない感じになる前にしめ縄などはまめに交換しましょう。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 17:00 | 神棚コラム

最近の記事

神棚の設置と祀り方 最新記事一覧
神棚の設置と祀り方 カテゴリー
タグ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。