神棚の設置と祀り方

神棚(かみだな)の設置の方法と祀り方(まつりかた)について解説します。神棚は、神社でいただいたお神札をおまつりする神聖な場所です。設置するときの家の中での位置や置き方や向き(方位・方角)は大切です。扉や棚板が必要になります。お札やお供えの作法、「空」「雲」などの付け方、処分するとき、通販での購入、などをご説明しております。このサイトで神棚のお祀りについて学んでいただき、ぜひご家庭にも置いて、家族の健康と安全や平穏無事に過ごせたことへの感謝を、毎日神棚にお参りしましょう。

神棚をどこに置くか/神棚コラム

神棚をどこに置くかは、様々な細則があって覚えきれないという方が多いようです。では皆様、お客様が来た時どこにお席を設けますか。戸口に近い場所や、台所など匂いがきつい場所、お手洗いが見える場所などには設けませんよね。それは下座で、温かくて気持ちのいい場所に丁重にご案内になるでしょう。神棚を作るという事は、神様というお客様をお迎えすることなのです。「ここが家の中で一番居心地がいい」という場所にすえるのが本筋です。

我が国は集合住宅が多いので、中々難しいのですが、一般的に頭上を人が歩くような場所は良くないと言われています。一戸建ての場合は、一番高い場所に神棚の位置を定めるのが通常です。

部屋といたしましては、当主の部屋もしくは全員の顔が見える居間の高い場所に雲板を打って設けるのが一般的です。床の間の上などにすえることもございます。会社で作る際には社長室の上座ですね。

お仏壇が家にある方は並べてまつることが多いですね。何故かと申しますとね、鉢合わせしてしまうからなのです。神道と仏教は後程書きますが、そう仲は悪くないのです。ですが人間でも全く関係がない他人が同じ部屋で自分と同等に扱われていたら、面白くないし、気まずいですよね。そういうことを避けて、居心地のいい家だと思ってもらうのが神棚の位置にこだわる本当のいみなのです。

あまり悩まずに、お客様が長期滞在なさるのをお世話するつもりで場所を決め祀りましょう。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 18:25 | 神棚コラム

最近の記事

神棚の設置と祀り方 最新記事一覧
神棚の設置と祀り方 カテゴリー
タグ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。