神棚の設置と祀り方

神棚(かみだな)の設置の方法と祀り方(まつりかた)について解説します。神棚は、神社でいただいたお神札をおまつりする神聖な場所です。設置するときの家の中での位置や置き方や向き(方位・方角)は大切です。扉や棚板が必要になります。お札やお供えの作法、「空」「雲」などの付け方、処分するとき、通販での購入、などをご説明しております。このサイトで神棚のお祀りについて学んでいただき、ぜひご家庭にも置いて、家族の健康と安全や平穏無事に過ごせたことへの感謝を、毎日神棚にお参りしましょう。

神棚の向き/神棚コラム

神棚の向きには先に陰陽道の影響で北東の鬼門と、南西の裏鬼門を避けるということを書きました。ではその向きはどこなら良いのでしょう。

恵方、縁起のいい方角はその年によって変わるので、幸運を呼び込むための八幡札などはその方角に貼ります。ですが神棚は大きくて動かせないので、基本的には東もしくは南に向けて飾ります。明るい日の光が入る場所なら間違いがございません。家長制が強かった昔は、家長が座る席の頭上におくことが多かったのです。

また、騒がしくなく静かな場所がよろしいです。神社さんの境内は静かですよね。清浄で心がシャキッとするような場所です。どの宗教でも大事なのは神様との対話なのです。聖書には神がささやかれるというシーンがございます。他の宗教でもド派手に大声で関わってくる街宣カーのような神格は少ないのです。

よって子供部屋や、夫婦の寝室兼生活圏、廊下、階段などは相応しくございません。通常は高くまつりますがお仏壇のようにする方もおいでですね。高くすえる場合は、空調の風で痛まないようにしましょう。

もしやむを得ず、良くない場所にお祀りする場合は神主さんにひとこと相談してみましょう。お榊やしめ縄の張り方、清め塩などで不浄を取り除くということもできます。良くない場所でもどうしてもお迎えしたいということを伝えておくと「だめ」とはまず言われません。

気にしすぎて神棚がうっとうしくなっては本末転倒ですよ。大事なのは、祈り、仕える心です。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 21:25 | 神棚コラム

最近の記事

神棚の設置と祀り方 最新記事一覧
神棚の設置と祀り方 カテゴリー
タグ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。