神棚の設置と祀り方

神棚(かみだな)の設置の方法と祀り方(まつりかた)について解説します。神棚は、神社でいただいたお神札をおまつりする神聖な場所です。設置するときの家の中での位置や置き方や向き(方位・方角)は大切です。扉や棚板が必要になります。お札やお供えの作法、「空」「雲」などの付け方、処分するとき、通販での購入、などをご説明しております。このサイトで神棚のお祀りについて学んでいただき、ぜひご家庭にも置いて、家族の健康と安全や平穏無事に過ごせたことへの感謝を、毎日神棚にお参りしましょう。

神棚を設置するときに揃えておくもの/神棚コラム

神棚を据えることが決まったらいくつか揃えておきたいものがございます。まずはご信仰の厚いお社のお札、氏神のお札、位格の高い伊勢の神宮大麻がベーシックです。神社さんに相談しますと、お札の扱いは教えてもらえます。

次が注連縄です。神棚の上の方に張って神域を示します。そして神鏡。『平家物語』では安徳天皇が三種の神器を抱えて海に沈みますが、鏡はどの宗教でも不思議な力を宿すと言われてきました。正倉院の宝物殿にはそれは見事な螺鈿と象嵌の鏡が納められていましたが、実用品の意味と神聖なものという意味がございます。

つぎに、神饌お供えをするための器。水は瓶子(へいじ)という徳利の変形のような器に入れるのが習わしです。神杯(しんはい)という漆塗りの御紋が入った杯を使うこともございます。器は専用のものを用いることが望ましいのですが、やむを得ない場合は人が口をつけて不浄になったことが無いものを当座のものとしてお使いになる方もおいでです。人とおなじ器はあまりよろしくないですね。折敷を使い、お供えをするのが正式ですが、地方によっては前にただ並べるだけということもございます。

後はお榊を活ける器です。お榊は花屋さんで買えますよ。一緒に御幣(神職さんがお祓いの時にふる紙の付いた棒)を飾ることもございますのでご確認ください。今はインターネット通販で全部そろうようになったので値段やデザインを確認してみると良いですね。神棚を据えた後はしきたりに則って並べていきましょう。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 21:28 | 神棚コラム

最近の記事

神棚の設置と祀り方 最新記事一覧
神棚の設置と祀り方 カテゴリー
タグ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。