神棚の設置と祀り方

神棚(かみだな)の設置の方法と祀り方(まつりかた)について解説します。神棚は、神社でいただいたお神札をおまつりする神聖な場所です。設置するときの家の中での位置や置き方や向き(方位・方角)は大切です。扉や棚板が必要になります。お札やお供えの作法、「空」「雲」などの付け方、処分するとき、通販での購入、などをご説明しております。このサイトで神棚のお祀りについて学んでいただき、ぜひご家庭にも置いて、家族の健康と安全や平穏無事に過ごせたことへの感謝を、毎日神棚にお参りしましょう。

神棚を外すときには/神棚コラム

神棚は、神聖なもので俗人が勝手に動かすことはできません。昔は神気にあたると言って病気なども祟りと考える人が多かったのです。神棚を引越しなどで動かすとき、やむを得ず廃棄をする時、壊れたものを取り換えるときは、神主さんに来ていただいて、お祓いをして、神が依り代に座っている状態から他の場所にうつった状態にしないといけません。お仏壇やお墓もそうですよ。仏教では精を抜くというのです。神道では魂抜きというようですね。

因みに神棚に神を宿らせたり抜いたりすることは神職の方以外にはできません。引越したらすぐに、封じて頂くためにお近くの神社さんに伺いましょう。費用は多すぎても少なく過ぎても良くないので聞きにくいかと思いますが「どれぐらいお捧げしたら良いのでしょう」と聞いてしまった方が良いですよ。目に見えないことですので、価格が決めにくいのです。

神道のご信仰のある方は、引越しのあとは、その街の鎮守さんに御挨拶に行きましょう。『となりのトトロ』というジブリアニメでは、ごあいさつに伺ってご神木をみてそこから物語が展開していきます。ああいうものではなくともその土地その土地の主がいて、その家や土地を守っていると言われています。例えば私の母の家では蛇やヤモリは殺しません。「お使い」だからです。どの家にも何かしらいるという話を聞いたことがございます。洗濯機の下にいたりしますとお供えをする人もいますよ。

神棚も、素朴な敬う心ですえ、外して感謝の念で手放したいものですね。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 22:22 | 神棚コラム

最近の記事

神棚の設置と祀り方 最新記事一覧
神棚の設置と祀り方 カテゴリー
タグ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。