神棚の設置と祀り方

神棚(かみだな)の設置の方法と祀り方(まつりかた)について解説します。神棚は、神社でいただいたお神札をおまつりする神聖な場所です。設置するときの家の中での位置や置き方や向き(方位・方角)は大切です。扉や棚板が必要になります。お札やお供えの作法、「空」「雲」などの付け方、処分するとき、通販での購入、などをご説明しております。このサイトで神棚のお祀りについて学んでいただき、ぜひご家庭にも置いて、家族の健康と安全や平穏無事に過ごせたことへの感謝を、毎日神棚にお参りしましょう。

神式のお葬式/神棚コラム

神道のお葬式に出席されたことはございますか。仏式やキリスト教式は都市部でも良く行われるのですが、神式は特定の地域でないと珍しいと思います。

神道の場合、神葬祭と呼ばれます。お香典は玉串料と書きます。仏教ですと戒名料がかさむのですが、神道にも諡と言って亡くなった後につく名前がございます。ただし、仏教と違って値段によって名前の格が違うという事はありません。

お線香は無く、紙をつけたお榊を捧げます。キリスト教の献花と同じ要領ですね。作法は普通の参拝に近い状態ですが、手を合わせるときには柏手の音がでないものをします。忍び手とよばれるものです。神道でお葬式に出た方は、塩を配られます。家についたら肩口で払うようにまく清めの塩です。親族のもの忌の期間は50日です。

先にも書きましたが、通常、日本の家では仏教と神道が同居しているものです。どちらでお葬式をあげたらいいのかと思う方も多いかと思いますが、そういうときにはとりあえず(改宗者でなければ)先の家の方のあげたのと同じ形のお式を挙げると無難でしょう。ご自分が神式でなさる場合は、文章に残しておくことも大切です。神道のお葬式は参列の仕方がわからない方も多いので、お招きする側がきちんと式次第を把握してご案内する必要がございます。霊園は多宗教合祀のものがございますので、そちらをご利用になるとよろしいでしょう。

命の終わりは想像したくないものですが、いつかは来るものです。知って備えておきたいものですね。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 22:28 | 神棚コラム

最近の記事

神棚の設置と祀り方 最新記事一覧
神棚の設置と祀り方 カテゴリー
タグ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。