神棚の設置と祀り方

神棚(かみだな)の設置の方法と祀り方(まつりかた)について解説します。神棚は、神社でいただいたお神札をおまつりする神聖な場所です。設置するときの家の中での位置や置き方や向き(方位・方角)は大切です。扉や棚板が必要になります。お札やお供えの作法、「空」「雲」などの付け方、処分するとき、通販での購入、などをご説明しております。このサイトで神棚のお祀りについて学んでいただき、ぜひご家庭にも置いて、家族の健康と安全や平穏無事に過ごせたことへの感謝を、毎日神棚にお参りしましょう。

陰陽道と神棚/神棚コラム

狐の母、葛葉から月が明るい日に生まれた天才安倍晴明。使い魔式神を操って九字(退魔の呪法)を切ってばったばったと、あやかしを倒していく、というのが陰陽道の我が国のイメージでしょう。

残念ながら、今描いた図像は史実ではありません。安倍晴明は実在の人物です。五芒星、晴明桔梗印を印とし、晴明神社に神格としてまつられましたが、彼の本当の仕事は、数学や天文学に精通し、暦を作ったり、天皇にアドバイスするホワイトカラーの公務員です。因みに会計係になったりもしています。中々の高給取りだとか。

陰陽道は、中国の自然哲学五行論と陰陽論が合わさって構成された自然哲学です。陰陽のふたつの面、そして水、金、土、木、火の5つの要素のバランスで世界が成立しているというのが基本概念です。

今、何かお気づきになったでしょう。そうです。月と日を足すと、曜日になるのです。陰陽道が仏教に影響を与えた宿曜という考えが現代日本にも影響を及ぼしています。京都や鎌倉などは陰陽道の考えに則っていいエネルギーが出る四神相応の地をめざして作られた呪術的な要塞都市だったと言われています。

神棚の位置も、実は風水や陰陽道の影響を受けて決まっている部分が多いのです。日本の神道は様々な思想をずっと吸収してきた宗教です。あの有名陰陽師と神棚が繋がっているというのはにわかに信じがたいかもしれませんが、私たちの気が付かないところに古人の哲学が眠っていることは確かです。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 22:31 | 神棚コラム

最近の記事

神棚の設置と祀り方 最新記事一覧
神棚の設置と祀り方 カテゴリー
タグ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。