神棚の設置と祀り方

神棚(かみだな)の設置の方法と祀り方(まつりかた)について解説します。神棚は、神社でいただいたお神札をおまつりする神聖な場所です。設置するときの家の中での位置や置き方や向き(方位・方角)は大切です。扉や棚板が必要になります。お札やお供えの作法、「空」「雲」などの付け方、処分するとき、通販での購入、などをご説明しております。このサイトで神棚のお祀りについて学んでいただき、ぜひご家庭にも置いて、家族の健康と安全や平穏無事に過ごせたことへの感謝を、毎日神棚にお参りしましょう。

神棚の祀り方の意味

神棚の「祀り方」を知っていますか?
「祀り方」の前に、そもそも皆さんの家に神棚はありますか?

実は私の家にはまだありません。でも、はやく祀り方を学んで祀りたいと思っています。何故かといいますと、厄払いや初詣などで、神社に行ってお参りをしたり、御祓いをしてもらったりすることが、最近多くなってきたからなのです。

神社でお参りをするとお神札をいただきますが、家の中に神棚がないと、きちんとした祀り方ができなくて困ってしまいます。神棚というのは、神社でいただいてきたお神札をお祀りする神聖な場所です。分かりやすく言うと、神様をお祀りする場所です。

神さまを棚への祀り方は、日本ではいつごろから始まったのしょうか?

神さまを棚にお祀りするという祀り方の風習は、かなり古くからあります。「天照大御神(あまてらすおおみかみ)が、そのお父上である伊邪那岐命(いざなぎのみこと)から授かった宝物を、棚におまつりした」という話が神話の中に語られています。これが祀り方の始まりと言われています。

では、神棚は実際にはどのような祀り方をするのでしょうか?

神棚の神殿には、まず伊勢神宮のお神札である神宮大麻(じんぐうたいま)、そして次に自分の住む地域を守ってくださる氏神さま、そしてその他に崇敬する神社があればそのお神札、という祀り方をします。

私たち日本人のご祖先様たちは、お米を作ることを生活の中心として生きてきました。そして、お米つまり稲の生育に合わせて、たくさんの儀式を生み出してきました。このような儀式は、私たちの生活に密着していました。

ですから、その儀式の中心となる神さまは、私たちの生活をいつも見守ってくださっている、たいへん身近な存在として大切に崇められてきたのです。

そして、その神さまへの感謝のために、神社からいただいてきたお神札を神棚を設けて、神さまの御加護を祈念するという祀り方をしてきました。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 16:06 | 神棚の祀り方

最近の記事

神棚の設置と祀り方 最新記事一覧
神棚の設置と祀り方 カテゴリー
タグ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。