神棚の設置と祀り方

神棚(かみだな)の設置の方法と祀り方(まつりかた)について解説します。神棚は、神社でいただいたお神札をおまつりする神聖な場所です。設置するときの家の中での位置や置き方や向き(方位・方角)は大切です。扉や棚板が必要になります。お札やお供えの作法、「空」「雲」などの付け方、処分するとき、通販での購入、などをご説明しております。このサイトで神棚のお祀りについて学んでいただき、ぜひご家庭にも置いて、家族の健康と安全や平穏無事に過ごせたことへの感謝を、毎日神棚にお参りしましょう。

神棚の位置の条件

神棚の位置には、望ましいといわれている場所があります。

神棚は家庭生活の中心、神様の住まいという位置づけです。ですから、まず明るい位置に置く事です。そして清潔な位置に置く事です。そして南向きまたは東向きの位置に置く事です。

そして目の高さ以上の高いところ、つまり大人が見上げるくらいの高さの位置に置くことです。これらが、神棚を置く位置として望ましいと言われています。大人が見上げるくらいの高さの位置は神棚を置くようにはなっていないので、そこに棚などを作って、その上に設置します。

また、置く部屋は、居間など家の中で家族がいつも集まるような位置・部屋であることが大切です。つまり、神様を毎日朝晩、親しみを持ってお祀りしたりお供えしたりできる位置であることが大切なのです。

また、下に人が通ったりする位置、人が出入りするドアの上などの位置、トイレと背中合わせの位置などは避けるべきです。2階のある家では、神棚の真上あたりを人が歩くような位置も避けるべきです。

そうは言っても、現代の住宅事情では、なかなかこれらの条件全てを満たすような適切な位置が見つからないことも多いでしょう。また、特に賃貸マンションなどでは壁に穴を開けたりもできないことが多いので、そもそも棚自体を作るなどということも難しいかもしれません。

そういう家にお住まいの場合は、そういう条件の中でも最良だろうと思われる位置を1ヶ所決めて、お祀りすれば構わないようです。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 16:12 | 設置・位置・方角

最近の記事

神棚の設置と祀り方 最新記事一覧
神棚の設置と祀り方 カテゴリー
タグ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。