神棚の設置と祀り方

神棚(かみだな)の設置の方法と祀り方(まつりかた)について解説します。神棚は、神社でいただいたお神札をおまつりする神聖な場所です。設置するときの家の中での位置や置き方や向き(方位・方角)は大切です。扉や棚板が必要になります。お札やお供えの作法、「空」「雲」などの付け方、処分するとき、通販での購入、などをご説明しております。このサイトで神棚のお祀りについて学んでいただき、ぜひご家庭にも置いて、家族の健康と安全や平穏無事に過ごせたことへの感謝を、毎日神棚にお参りしましょう。

神棚の上に雲を付けます

神棚の上には、「」を貼るのが一般的です。

神棚は、家の精神的な中心であり、神聖な場所です。明るく静かな高い位置、または家族全員が親しめる場所に、南向きか東向きでお祀りします。そして、その上には何もないようにするのが基本です。

しかし、現在の住宅事情では、神棚の上には2階があって、廊下、トイレ、タンス、押入などがあり、物を置いたり人が歩いたりすることが多いでしょう。でもこれは、神様に大変失礼にあたります。

そこで、このような場合や、上の階が気になるときなどには、神棚を取り付けた場所の天井に「雲」を付けるのが一般的です。上に「雲」を貼り付けるのは、「この上には何もありません」という意味です。「この雲の上には、廊下、トイレ、タンス、押入などはありません」「この雲の上には、物が置かれたり、人が歩いたりしません」という状態になります。

「雲」には、木彫りの「雲」、紙に書いた「雲」があります。木彫りの「雲」は、桧彫の天雲などがあります。大きさは大きい雲(高さ12センチくらい)と小さい雲(高さ5センチくらい)が一般的です。

これらの雲の値段は、どちらも同じくらいです。大きい方の雲を使うのが普通です。小神殿や箱宮の場合は、小さい方をの雲使う場合もあります。紙に書いた「雲」は、「雲」という字を白い紙(奉書紙など)に書いて、神棚の上の天井に貼ります。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 07:22 | 扉・棚板・壁掛け神棚など

最近の記事

神棚の設置と祀り方 最新記事一覧
神棚の設置と祀り方 カテゴリー
タグ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。