神棚の設置と祀り方

神棚(かみだな)の設置の方法と祀り方(まつりかた)について解説します。神棚は、神社でいただいたお神札をおまつりする神聖な場所です。設置するときの家の中での位置や置き方や向き(方位・方角)は大切です。扉や棚板が必要になります。お札やお供えの作法、「空」「雲」などの付け方、処分するとき、通販での購入、などをご説明しております。このサイトで神棚のお祀りについて学んでいただき、ぜひご家庭にも置いて、家族の健康と安全や平穏無事に過ごせたことへの感謝を、毎日神棚にお参りしましょう。

神棚の祀る向き(方角)

神棚を祀る(置く)ときの向き方角は、とても大切です。向きや方角は、一般に以下のようにするのが良いとされています。

(1)お祀りする場所と向き

・明るくて清浄な場所
・家族全員の親しみのある場所
・毎日お参りしやすい場所・向き
・見上げる程度の高さの場所・向き
・神棚の下を通路にしない
・神棚の上を部屋にしない

(2)設置するときの方角(向き)

・安置する方角は部屋の北側で、正面は南の向き

または

・安置する方角は部屋の西側で、正面は東の向き

(3)仏壇と同じ部屋に祀る場合の向き

仏壇と同じ部屋にお祀りする場合は、神棚と仏壇が向かい合わせにならない向きで置きます。お参りするときに、それぞれにお尻を向けないようにするための向きに置くということです。

(4)神棚に注連縄(しめなわ)を張る場合の向き

しめ縄を張る場合は、一般的に向かって右に太い方、左に細い方がくる向きで張ります。注連縄には、内と外を区別して、神棚を不浄から隔てるという意味があります。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 18:55 | 設置・位置・方角

最近の記事

神棚の設置と祀り方 最新記事一覧
神棚の設置と祀り方 カテゴリー
タグ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。