神棚の設置と祀り方

神棚(かみだな)の設置の方法と祀り方(まつりかた)について解説します。神棚は、神社でいただいたお神札をおまつりする神聖な場所です。設置するときの家の中での位置や置き方や向き(方位・方角)は大切です。扉や棚板が必要になります。お札やお供えの作法、「空」「雲」などの付け方、処分するとき、通販での購入、などをご説明しております。このサイトで神棚のお祀りについて学んでいただき、ぜひご家庭にも置いて、家族の健康と安全や平穏無事に過ごせたことへの感謝を、毎日神棚にお参りしましょう。

神棚の方位

神棚の方位は、家の中の最も清らかで明るいところに、南向きか東向きの方位に設置します。

できるだけ、家族全員が親しみやすく、お供えしたり拝礼したりするのに都合の良い方位を選びます。その方位で目線よりも高い位置に、座敷や居間の鴨居などを利用して棚を作り、その中央に神殿を構えます。

家を建てる時は、その土地の中で一番良い方位、良い間取を考えます。神棚も同様で、その家の中で一番良い方位におまつりします。

ですから、人の行き来の多い場所、人が出入りするドアの上、トイレと背中合わせの場所、階上がある場所、神棚の上を人が行き来する場所、などは、方位として避けた方がいいでしょう。

神棚をはじめて設ける場合は、神棚の清祓を氏神さまにお願いしましょう。方位についてよく分からなければ、氏神さまにお尋ねしましょう。

神殿の両側には榊(さかき)を活け、神殿の正面には注連縄(しめなわ)を張ります。神殿の前には祭器具を置き、神さまがお召し上がりになるお米、お塩、お水を毎日お供えします。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 07:35 | 設置・位置・方角

最近の記事

神棚の設置と祀り方 最新記事一覧
神棚の設置と祀り方 カテゴリー
タグ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。