神棚の設置と祀り方

神棚(かみだな)の設置の方法と祀り方(まつりかた)について解説します。神棚は、神社でいただいたお神札をおまつりする神聖な場所です。設置するときの家の中での位置や置き方や向き(方位・方角)は大切です。扉や棚板が必要になります。お札やお供えの作法、「空」「雲」などの付け方、処分するとき、通販での購入、などをご説明しております。このサイトで神棚のお祀りについて学んでいただき、ぜひご家庭にも置いて、家族の健康と安全や平穏無事に過ごせたことへの感謝を、毎日神棚にお参りしましょう。

神棚の設置の仕方

神棚の設置の仕方についてご紹介します。

そもそも神棚とは、家庭祭祀です。地鎮祭、上棟祭、新築祝い、初宮参り、七五三の祝い、入学祝い、進学祝い、卒業祝い、就職祝い、成人式、結婚式、還暦(60歳)、古稀(70歳)、喜寿(77歳)、米寿(88歳)、白寿(99歳)など、家の慶事に関する一切を、その節目ごとに奉告し、感謝の祭り事を行うために、神棚を設置することが必要です。

神棚の設置の仕方ですが、お神札は、その種類によって、納め方の順序が決まっています。

(1)横に並べてお祀りする場合

中央に伊勢神宮のお神札である神宮大麻(じんぐうたいま)、向かって右側に氏神さまのお神札、左側に崇敬する神社のお神札、を納めます。

(2)重ねてお祀りする場合

一番手前に伊勢神宮のお神札、後ろに氏神さま、次に崇敬する神社のお神札を納めます。神棚を設置する場所ですが、できるだけ明るくて清らかな、環境のよいところが理想的です。

また、家族が一番よく集まる部屋に設置することも大切です。神棚を設置して神様をおまつりするということは、毎日の神拝や神様を大切に思う心が一番大切だからです。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 07:53 | 設置・位置・方角

最近の記事

神棚の設置と祀り方 最新記事一覧
神棚の設置と祀り方 カテゴリー
タグ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。