神棚の設置と祀り方

神棚(かみだな)の設置の方法と祀り方(まつりかた)について解説します。神棚は、神社でいただいたお神札をおまつりする神聖な場所です。設置するときの家の中での位置や置き方や向き(方位・方角)は大切です。扉や棚板が必要になります。お札やお供えの作法、「空」「雲」などの付け方、処分するとき、通販での購入、などをご説明しております。このサイトで神棚のお祀りについて学んでいただき、ぜひご家庭にも置いて、家族の健康と安全や平穏無事に過ごせたことへの感謝を、毎日神棚にお参りしましょう。

カテゴリー:神棚コラム

神棚と伊勢神宮/神棚コラム

日本神道の最高神はどの御柱か御存知ですか。そう天照大御神ですよね。伊勢神宮を本山として各地でまつられる女性神です。お伊勢さんですと天照皇大神という呼び方をされることが多いようです。太陽の神格化されたものです。天岩戸伝説など弟のスサノオとの確執の物語が『古事記』に出てくることが有名です。スサノオはヤマタノオロチ退治などで有名ですが、荒っぽくて姉の頭痛の種でした。もう1人月読の命という兄弟がいるのですが姉や弟程の派手さはございません。

伊勢神宮は宗像三女神をまつる広島は宮島、平家の氏神厳島神社の華やかさに対して大変簡素な造りになっています。茶道などではよく自分を低くおく精神の典型例として称賛されます。

我が国の神棚には、複数の御柱をまつることがございます。一族の加護をする氏神、特に信仰する神格、そして大ボスの天照大御神です。伊勢神宮のお札は神宮大麻と申しますが、この神宮大麻を一番よく見えていいポジションにおき、自分の信仰する神社のお札を下げておくのが礼式です。

いまさっき平氏の氏神が3人の女神だと書きましたが、源氏の氏神も八幡という3人の神格を揃ってまつったものです。鎌倉の鶴岡八幡宮は源頼朝が鎌倉幕府の守護の要としておいた神社です。この神社は南に参道若宮大路、桜で有名な段蔓を持っています。これは風水や陰陽道で言う良い方角を向いているのです。

様々な神社にお参りしたときに、そのご神体が向いている方向を確認なさってください。おおむね東か南を向いているはずです。神棚の位置の参考になさってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 22:34 | 神棚コラム

神棚と御霊伝説/神棚コラム

私は横浜に在住しています。少し足を延ばしますと鎌倉です。鶴岡八幡宮の影に隠れて目立たないものの曰くのあるお宮がございます。鎌倉宮です。これは室町幕府が立つ前の南北朝の争いで足利尊氏一派に幽閉され殺された護良親王をまつったお宮です。土牢にはしめ縄がはられて薄暗く当時の陰惨な物語を思わせます。

横浜は戸塚には王子神社というお社があるのですが、護良親王の首級を洗った場所だと言い伝えられています。おなじ鎌倉には荏柄天神社があり、学問の神様菅原の道真公を祭ったお社として受験生や、梅を愛する風流人が集まります。

何故こうした非業の死を遂げた人を祀るのかと申しますと、怨霊となって祟りをなすと考えられてきたからです。現に道真公は、宮中に疫病を流行らせ都に落雷を起こし人々を恐怖に陥れたと言われています。他に崇徳天皇、安徳天皇などが有名な怨霊です。それをなだめすかすために、神としての位を差し出して神社を作るのです。これを御霊信仰と言います。

御霊の祟り方にはいくつかのパターンがございます。道真公のように疫病をはやらせて天災を起こすのはベーシックながら派手です。地味にいや、しかしオーソドックスなのは虫の大量発生ですね。四谷怪談の有名な皿屋敷伝説で井戸に投げ込まれたお菊はお菊虫という姿で大量発生しました。正体はジャコウアゲハの蛹なのですが人が縛ら得た姿の様だという事で皆パニック。お菊さんはお菊神社に祭られています。虫は現代人でも嫌ですよねえ。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 22:33 | 神棚コラム

神棚の位置と鬼門/神棚コラム

百鬼夜行の絵図を見たことはございませんか。あらゆる化け物が、ぞろぞろと歩いて、都に疫病や災厄をもたらすのです。この邪まは「うしとらの方から参った」というのが定石なのですが、この丑寅というのは北東のことなのです。これは鬼門という方角で凶事のやってくる方向です。反対側の南西は裏鬼門ここも良くない方角です。神棚を置く際にはこのふたつの方向は避けた方が良いのです。

昔はお手洗いは鬼門に据え置かれ、裏には南天が植えられました。難を転ずるという語呂合わせです。ダジャレのようですが、立派な呪なのです。日本では言葉が呪術性を持つという言霊信仰がございますので、声に出すたびに加護が強くなると考えられてきたのです。

ものはついでに陰沢のお話をしましょう。昔ながらのお墓に行った事はございますか。苔むしてジメジメしていますよね。今はそういう事はないのですが、昔は埋葬の場所に決まりがございました。陰陽道の影響です。遺体は陰の気が強い場所に埋めないと、起き上がって人を襲うと考えられていたのです。要するにキョンシーですね。本当はキョウシと言います。彼らはお札が無いと退治できません。じめじめして寒いのは凶なのです。

逆に縁起がいいのが明るく光に満ちた場所。神聖なものはここにまつっておくのが決まり事です。神棚の位置を決める際には、鬼門と裏鬼門、陰沢を避けて設置することをお忘れなく。仮に間違っても流石にキョンシーは出ない筈ですが。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 22:32 | 神棚コラム

神棚と穢れ/神棚コラム

神棚をまつるときの位置の決め方には穢れという概念が付きまといます。これは、すべての宗教に通ずる概念です。キリスト教では罪という形で表現されます。原語はハマルティアというのですがこれは「的外れ」という事なのです。あるべき姿からかけ離れている状態です。穢れといういい方も元は「け」普通のことから「かれ」離れている状態を示したものです。神格との関係が適切に持てない状態です。

どのものを嫌うかは、神格によりますが率が高いのは、死人、血液、性的奔放などです。他宗の神格を酷く嫌う神格も神道や仏教にもございます。神棚をまつるときには不浄も穢れですね。

その穢れを払って関係を結び直すのがお参りや礼拝だとみなされます。お祭りなどもそうですね。人間はいつもどこかで穢れを纏っています。それをただし、洗い流すことが祓いなのです。

祓いの方法は様々です。よく使われるのは水と火と香りですね。神道の場合お塩も使います。参拝にいくときには、お手水を使いますでしょう。あれは神様とお会いするときに失礼のないように清める為なのです。火は灯明や、お札を焼く火に使われます。後しめ縄も穢れ封じですね。結界をはって神域に邪を入れないようにするのです。

そういえば神社さんで参道のど真ん中を歩いていませんか。大変失礼ですよ。そこは神格の通り道なのです。人間はわきによって歩きましょう。また、境内で不謹慎な話や行いはしてはいけません。神棚の前でもそうですよ。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 22:31 | 神棚コラム

陰陽道と神棚/神棚コラム

狐の母、葛葉から月が明るい日に生まれた天才安倍晴明。使い魔式神を操って九字(退魔の呪法)を切ってばったばったと、あやかしを倒していく、というのが陰陽道の我が国のイメージでしょう。

残念ながら、今描いた図像は史実ではありません。安倍晴明は実在の人物です。五芒星、晴明桔梗印を印とし、晴明神社に神格としてまつられましたが、彼の本当の仕事は、数学や天文学に精通し、暦を作ったり、天皇にアドバイスするホワイトカラーの公務員です。因みに会計係になったりもしています。中々の高給取りだとか。

陰陽道は、中国の自然哲学五行論と陰陽論が合わさって構成された自然哲学です。陰陽のふたつの面、そして水、金、土、木、火の5つの要素のバランスで世界が成立しているというのが基本概念です。

今、何かお気づきになったでしょう。そうです。月と日を足すと、曜日になるのです。陰陽道が仏教に影響を与えた宿曜という考えが現代日本にも影響を及ぼしています。京都や鎌倉などは陰陽道の考えに則っていいエネルギーが出る四神相応の地をめざして作られた呪術的な要塞都市だったと言われています。

神棚の位置も、実は風水や陰陽道の影響を受けて決まっている部分が多いのです。日本の神道は様々な思想をずっと吸収してきた宗教です。あの有名陰陽師と神棚が繋がっているというのはにわかに信じがたいかもしれませんが、私たちの気が付かないところに古人の哲学が眠っていることは確かです。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 22:31 | 神棚コラム

何故、神棚に神をまつるのか/神棚コラム

お祀りする神格は、日本固有のもの、もしくは中国やインドから伝わった伝説に則った柱でしょう。私の家は神道と仏教です。神様というとどういう存在だと思いますか。守ってくれて救ってくれるからでしょうか。

そういう側面もございます。神道では和魂(にぎたま)と申しまして、人間を守ってくれる状態の神格です。でもその和魂の他に、荒魂という属性もございます。あらぶって人に害をなす状態の神格もいます。夜刀神の伝説などでは祀り上げることで鎮め、祟りが無いようにする信仰の仕方が出ています。

このあり方は古今東西変わりがありません。キリスト教の神格は元は地域神です。旧約聖書では懲罰を下す神格としての側面が強いのです。皆様子供の頃サンタクロースがくるのを楽しみにしていませんでしたか。あれはカソリックの聖ニコライという聖人が変化したものですが実はとても怖い存在です。

国によってもうひとりいるとか、異教の神格を引きつれているとか伝承が違うのですが、いい子には良いものを与え、悪い子はむちうちもしくはさらうという日本のなまはげに近い存在です。神話の共通性はユングという心理学者が、人類に共通の無意識、集合的無意識があるという見解を示して熱心に研究しました。

元々神聖な存在はとても激しいものです。ひとたびまつったら、縁を切ることはできませんので、適当なまつり方はよくないと言われています。神棚の位置をきちんと設置して必要なものを揃え、ずっと和魂でいてもらえるようにいたしましょう。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 22:29 | 神棚コラム

神社に行けない時は神棚に向き合いましょう/神棚コラム

突然ですが、お祓いってしたことがございますか。

地鎮祭や初詣以外に宗教施設に行かない方も多いようですが、人間にはどうしようもないことを引き受けて浄化してくれるのが神格です。ストレスがたまった時には足を向けてみてください。どの宗教でも施設内は清浄で思い煩いから解放されるはずです。自分の頭で考えると人は煮詰まります。それは自分で解決できると自分の力を頼みにするからなのですね。神様にお任せするという事は悩みを手放すことです。神社に行けない時には神棚などに向き合いましょう。

ここでちょっとしたネタをお話しましょう。私の母は昔話に詳しい人で、こういわれたことがあります。もしおかしな男と縁を切りたかったら、江の島の弁天にいけと。弁財天はお金を増やす神なのですが、大変嫉妬深い神格なのです。まあ、ギリシャ神話のヘラなど女神はとんでもない性格なことが多いのですが。弁天に男女が行くと別れてしまうと言われています。縁が切れるのですね。因みに美人は駄目ですよ。弁財天は美人にもやきもちを焼くのです。

もしお参りして何の反応もなかった場合、どうとっていいか悩みますね。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 22:29 | 神棚コラム

神式のお葬式/神棚コラム

神道のお葬式に出席されたことはございますか。仏式やキリスト教式は都市部でも良く行われるのですが、神式は特定の地域でないと珍しいと思います。

神道の場合、神葬祭と呼ばれます。お香典は玉串料と書きます。仏教ですと戒名料がかさむのですが、神道にも諡と言って亡くなった後につく名前がございます。ただし、仏教と違って値段によって名前の格が違うという事はありません。

お線香は無く、紙をつけたお榊を捧げます。キリスト教の献花と同じ要領ですね。作法は普通の参拝に近い状態ですが、手を合わせるときには柏手の音がでないものをします。忍び手とよばれるものです。神道でお葬式に出た方は、塩を配られます。家についたら肩口で払うようにまく清めの塩です。親族のもの忌の期間は50日です。

先にも書きましたが、通常、日本の家では仏教と神道が同居しているものです。どちらでお葬式をあげたらいいのかと思う方も多いかと思いますが、そういうときにはとりあえず(改宗者でなければ)先の家の方のあげたのと同じ形のお式を挙げると無難でしょう。ご自分が神式でなさる場合は、文章に残しておくことも大切です。神道のお葬式は参列の仕方がわからない方も多いので、お招きする側がきちんと式次第を把握してご案内する必要がございます。霊園は多宗教合祀のものがございますので、そちらをご利用になるとよろしいでしょう。

命の終わりは想像したくないものですが、いつかは来るものです。知って備えておきたいものですね。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 22:28 | 神棚コラム

七五三という風習/神棚コラム

私には1人姉がおります。4歳違いです。丁度3歳の七五三の時は、一緒にお祝いしてもらって一緒に千歳あめを舐め、一緒に神社の境内で転んだというしょっぱい思い出がございます。この七五三は私たちが神道の存在を強く感じる事柄です。

年齢がなぜ7歳、5歳、3歳なのかは、たすと11になって神様が集まるいい月になるという説もあります。私が昔から聞かされていたのは陽数だからという事です。陽数というのは2で割り切れない数字です。皆様、ご祝儀を出すとき大方3もしくは5の延長で出すでしょう。中国の陰陽道の影響ですが、七五三もそうなのです。

また少し怖い理由もございます。それは「この年になれば何とか死なずに済む」年齢だという事です。キリスト教では派によっては認めないところもございますが信徒の親から生まれた子供は幼いうちに幼児洗礼を行ないます。何故かと言いますとそうしないと病気や事故で死んだとき迷子になる可能性があるからです。中世ですと、洗礼名の無い子供は人ではなく、親が殺しても咎にならなかったという歴史があります。

日本でも間引きの風習がありました。こけしの語源は子供の供養のためという説がありますが、これは眉唾です。日本でもお宮参りやお七夜、お食い初めがございますでしょう。神仏の加護なしには生きていけない厳しい時代の名残が洋の東西を問わず、残っているのです。

今はそういう事はないのですが、お子さんの心身の健康を願って節目節目のことをきちんと祝って参りましょう。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 22:27 | 神棚コラム

七夕も神道/神棚コラム

各地で行われる七夕、皆様もご経験になったことがあるでしょう。あれも立派な神道の行事です。元は大陸から渡ってきた習慣です。織女と牽牛が逢瀬をしてそのついでに願いをかなえてくれるというのが現代日本の感覚ですが、本当は、織女にあやかってお裁縫が上手くなるようにという風に願うお祭りです。小さなくもを使って占いなどをしていたようです。

皆様、七夕の笹は7日を過ぎたら片づけますよね。地域によっては川から海に流すこともございます。そうすることで良くないことを払い落とすという考えがあるのです。こうした考えは別の行事にも出ています。お雛祭りのお雛様。3日を過ぎて飾ると、嫁に行き遅れると言ってしまうのが昔の人間です。我が家では、ひな人形の顔を白い紙で覆って厳重にしまいます。

何故厳重にしまわないといけないのでしょうか。それは笹やひな人形が形代、人形(ひとがた)と言いましてその主人の厄を引き受けるという呪術信仰があるためです。穢れを宿しているのですね。本来は雛人形も流すのが通例なのですが、今は流しません。その代りにさっさとしまうという事なのです。

因みに笹もひな人形も九飾りと一夜飾りは避け、破棄する際には神社さんかお寺さんに持ち込んでお祓いや、供養を受けてからお納めするのが、しきたりです。ひな人形は女の子1人ごとに、1つ揃えるのがしきたりの地域が多いようです。笹や、ひな壇は神棚のようなものなので置く場所もやはりいい方角、恵方を向かせるのが習いです。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 22:26 | 神棚コラム

神棚封じって?/神棚コラム

私の祖母は数年前に亡くなったのですが、その時にとある風習が行われました。それは神封じ。私の母方の中国地方以南特に沖縄などはこういいますが、関東では神棚封じと申します。戸がある神棚は、戸を閉め白い紙を貼るのです。

何故かと申しますと神道の神格は、亡くなった方の骸、仏教では仏さんを非常に嫌がるのです。先に穢れの定義を書きましたが、遺骸も穢れなのです。ですので「お見せしないように」白い紙を貼って封じます。半紙などを使うことが多いです。封をとくのは49日の法要が終わってもしくは次の年の一周忌が終わってからです。地域によってお作法が違いまして、家のものが封じていい時と、他人が封じないといけないことがございます。中には半紙に「忌」という文字を書く地方もございます。

この封がある間は穢れを纏っていますので、神棚にお参りしたり、神社さんに行くことはできません。初詣七五三などもご注意ください。まあ、普通の方はそこまでする必要もないのですが。お仏壇でも似たような封じをすることがございます。お手入れや供えを欠礼する時ですね。お構いできませんがお許しをという事なのだそうです。

因みに西洋ではご遺体を家から出すときには必ず足を先に出し、靴を棄てる風習がある場所がございます。そうしないと戻ってきてしまうのです。後古代ローマにはお盆のようなものがあって先祖の霊が戻ってくるのですが、きちんと決まった期間に儀式をしないと悪霊になるという伝説があります。御霊みたいな感じですね。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 22:26 | 神棚コラム

神棚と神道と仏教/神棚コラム

私の生まれた町には、洲崎神社という小さいけれど由緒ある神社がございます。この神社の原型は第六天社という、仏教における魔王をまつった物なのです。信長が名乗った第六天魔王の称号の元です。今は祭神の名前を変えています。明治時代に神仏分離令という布告が出まして、仏教の仏や天魔と、神社の祭神を一緒にまつる事はならんということになったのです。それまではお寺さんの境内にお社があることも珍しくなかったのですよ。

実は日本の神道の神格と、仏教の神格は、神仏習合、神仏混淆と申しましてずっと混ざってまつられていたのです。仏教の菩薩や如来が姿を変えたのが神道の神様になっていることもよくあります。枕絵にする七福神も仏教の原型のヒンドゥー教の神格が変化したものが含まれています。仏教の仏が日本に来ますと神となると解釈されていたのですね。

現代人の感覚ですとおかしなものと思われがちですが、新しく来た神格がもとあった土着の宗教の神格を姿を変えて取り込むという事はよくある話です。キリスト教の天使の代表格大天使ミカエルは元々はユダヤ民族がいた土地カナンの神格が変化したものです。良い関係ですと、眷属に、悪いと悪魔になるのが定石ですね。

ただに日本のように顕著に習合が出た例はそうは多くありません。神棚の起きたかと仏壇の置き方は互いに関係性を持ち、影響し合ってその位置を決めてきたのです。ご自分の氏神がどういう存在か調べてみると面白いかもしれません。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 22:25 | 神棚コラム

お仏壇もあるけど、神棚の位置は?/神棚コラム

私の父方の家は高野山系の密教の檀家です。いつも行っていた神社は源氏の氏神八幡の神社。神棚にお札があがり、しめ縄を見上げながら、真言を祖母が挙げているのをみていました。こういう光景は日本の古い家ではよくあることです。

日本のお仏壇は、死者を弔い、後世を祈るものですが神道の神棚は、家運が輝かしくあること、守護を願うためにすえるものです。お仏壇も、神棚も家の中心にすえることが多いのです。

神道と仏教の相性はそう悪くないので、このふたつを並べてまつっても問題ございません。ただ、仏教の場合、西の方を向いてお参りするのがよいと言われています。西方浄土という考えです。西の地方には食糧もなしに小舟に乗り、漕ぎ出して浄土に行きつかんとした渡海伝説が多く残っています。死んだらどうなるのかという事は未だ誰も知らないことですが、仏教では天道、人道、畜生道、修羅道、餓鬼道、地獄道の間を何回も生まれ変わると言われています。そこから人を救い上げるのが仏と言われています。

対して神道では明確な答えはないのですが、『古事記』のヤマトタケルは、亡くなった後、白い大きな鳥に変じて、飛び去ったと言われています。鳥に霊魂が宿るという思想は実は万国共通でキリスト教の聖霊は鳩(もしくは炎)の姿で描かれます。神道では氏神の仲間になるとも言われていますので、一緒に神棚に宿っている、そうお考えの方も言うようです。

お仏壇、神棚どちらを優先するかはそのお家のしきたり次第です。迷ったら長老格の方に相談するなどして、失礼のないまつり方をいたしましょう。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 22:24 | 神棚コラム

安易にお守りは無し/神棚コラム

何かしらのお守りをお持ちではないですか。護符、タリスマン、アミュレットとも言います。ご信心の無い方がお持ちになっていい品ではないのです。どんな神格かよく知らないのにあれこれお持ちになるのは失礼です。お守りの中身は神格のお名前か祝詞を書いた紙であることが多いのです。これは決して開けてはいけません。真名と申しまして神様のお名前は恐れ多いので迂闊に声に出すことはタブーなのです。

お守りは、出来たら、ご自分の信仰になっている神格とゆかりの深いお社のものを頂いてきてください。出先でお求めになるときにはきちんとお参りしてからになさってくださいね。挨拶もないのに加護をするほど人の良い神格はございません。

また安易に人に渡すのも考え物です。皆様ご自分の信仰信心を既にお持ちなのです。お土産としていただくことがありますが、それは近くの神社さんにお納めしております。仏教や神道同士でも相性が悪い神格というものがございますので、迂闊に差し上げるのはいけませんよ。後ある程度の年の独身の方に「恋愛成就」は止めておいた方がいいです。人間関係にひびが入ります。

お守りは年が改まった時にお社にお礼の気持ちを込めてお返しして、新しいものを頂いてまいりましょう。破魔矢などもきちんとお返しして、新しいものを清めた神棚などにあげてください。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 22:23 | 神棚コラム

神棚を外すときには/神棚コラム

神棚は、神聖なもので俗人が勝手に動かすことはできません。昔は神気にあたると言って病気なども祟りと考える人が多かったのです。神棚を引越しなどで動かすとき、やむを得ず廃棄をする時、壊れたものを取り換えるときは、神主さんに来ていただいて、お祓いをして、神が依り代に座っている状態から他の場所にうつった状態にしないといけません。お仏壇やお墓もそうですよ。仏教では精を抜くというのです。神道では魂抜きというようですね。

因みに神棚に神を宿らせたり抜いたりすることは神職の方以外にはできません。引越したらすぐに、封じて頂くためにお近くの神社さんに伺いましょう。費用は多すぎても少なく過ぎても良くないので聞きにくいかと思いますが「どれぐらいお捧げしたら良いのでしょう」と聞いてしまった方が良いですよ。目に見えないことですので、価格が決めにくいのです。

神道のご信仰のある方は、引越しのあとは、その街の鎮守さんに御挨拶に行きましょう。『となりのトトロ』というジブリアニメでは、ごあいさつに伺ってご神木をみてそこから物語が展開していきます。ああいうものではなくともその土地その土地の主がいて、その家や土地を守っていると言われています。例えば私の母の家では蛇やヤモリは殺しません。「お使い」だからです。どの家にも何かしらいるという話を聞いたことがございます。洗濯機の下にいたりしますとお供えをする人もいますよ。

神棚も、素朴な敬う心ですえ、外して感謝の念で手放したいものですね。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 22:22 | 神棚コラム

神棚をまつるとき、神社さんとの関係性/神棚コラム

神棚をまつるときには神主さんのお世話になることが多いですね。正式名称は神職さんですが。後は宮司さん、禰宜(禰宜)さんとも言います。巫女さんがアニメなどで有名ですが、これも正式ないい方ではございません。アルバイトの場合は助勤さんと言います。忌子ということも有ります。神楽舞などを奉じる役割も担っている方もおいでです。

神職の身分階級は厳密でそれによって纏う衣服や出来ることが違います。浅葱色の袴を着た方を思い出す方が多いと思いますが、それは、3級、4級の方です。1級から4級までございます。身分によってどこの神社に配属になるか決まります。伊勢神宮や熊野や日光東照宮の宮司さんは相当高位の神職です。因みに禰宜さんは殆どが大学卒です。神職になるコースが國學院大学などにございます。教育機関は他にもございますが、多くの場合お家が神職で後を継ぐということが多いようです。宗教界はまだ世襲制が多いのです。

通常神職の仕事は、神につかえ、その神社の氏子を統括することです。氏子というのは同じ氏神を信じる共同体の構成員のことです。お祭りの際などにお神酒をささげたり若衆を出して神輿を担ぐのも氏子の役割です。何かと神職と関わることが多いと思いますので、最初にお会いしたときには御挨拶をしっかりしましょう。この方が、神棚のことの面倒をみてくださいますので、連絡先を控えておきましょう。

神道は土着の風習の影響が色濃いので、教わらないと作法を間違えます。確認をその都度取りたいものですね。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 22:20 | 神棚コラム

神棚には毎日お参りを/神棚コラム

お祀りした暁にはきちんと毎日、お供えをして祝詞をお捧げできますか。私の祖父は非常に熱心に、神棚をまつっていた人です。田舎に帰った私が祈祷していますと、祝詞をあげる声がするのがいつもの光景です。

このサイトをここまでご覧になった方は何となくお分かりかもしれませんが、神格はどの宗教でも信仰心なしにまつって何かいいことがあるという事ではないのです。この神様こそ私を守ってくださるという気持ちでお見上げして、穢れの祓いと加護を祈念することが大事になります。まあ、なあなあでまつっても大丈夫かもしれませんが。

神棚をまつる、祈るというときには細かな作法がございます。実はこの祈りの作法というのは様々な宗教で共通している部分が多いのです。祈りは神との対話であると宗教者は言います。神格というのは多くの場合、人間の人格に似た人間との関係を持つ核のようなものを持っています。いきなりずかずかやってきて「これかなえて」と言ってほいほいこたえる神格はその存在意義が疑問視されますね。

話しかける際の作法はまず、呼びかけです。尊き方に言上したいことがございますと、申し上げてから、普段の加護を感謝し、胸中を告白し、もしかないますならこの願いを引き上げてくださいとお願いするのが通常の形です。「かしこみかしこみたてまつる」は恐れ入って申し上げますという意味です。仏教の南無も「これ以上にない」という事ですね。

毎日の祈念は精神的な安定をもたらすと心理学者も言います。伝統を守りつつ神棚を日常生活に取り込みたいですね。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 22:19 | 神棚コラム

神棚のお札類の処分の仕方/神棚コラム

神棚には、氏神などのお札など神聖とされるものがございます。お札の中には年が改まりますと、新しいものを使わないといけないものがございます。破魔矢などもそうですね。しめ縄やお正月飾りもそのまま捨てていいものではございません。きちんと氏神もしくはご信仰のお社に、お納めしてお返しします。

神社の境内で火を焚いて破魔矢などを焼いている光景を見たことはございませんか。あれはどんと、とんど、どんど、左義長と言いまして、ご加護の効力を失ったお飾りなどを煙と灰にして天に返す行事です。それと同時に、その1年の安泰、繁栄を祈るのです。

地域によって風習の規模は違いますが、広島県尾道市の護国神社などでは藁を編みこんでかざったものを燃やす風習がございます。山波どんとと呼ばれています。普通は正月が終わった時にするのですが、節分に近い時にも行われます。書初めも火に投じます。文字が上手くなると言われております。

火が神様につながるという感覚は神道だけのものではございません。火自体をまつるゾロアスター教や、フランスなどで若者が火を飛び越えるサンジャンの火祭りなどが民間の習俗として良く知られています。

神棚の祭具なども処分するときには神主さんに相談して、お作法に則って処分いたしましょう。すっと埃をかぶったままでは、邪魔ですし、失礼ですよ。神道の神格は不浄を嫌がります。不要なものはきちんとお返しして、新しいお札や神鏡を揃えましょう。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 21:47 | 神棚コラム

神棚を敬う気持ちを忘れずに/神棚コラム

神棚をきちんと位置にあわせてすえた。これでおしまいと思ってはおいでではないですか。皆様は、どの神様にしろ神棚に自分よりずっと各上の方をお迎えしたのです。

皆様、畏れという感覚を感じた事はございますか。日本人はそういう意識を無くしてしまったという学者もおります。キリスト教圏では聖書を持たされた人間は嘘をつくことはまずありません。大統領のスピーチも最初は聖書に手を置くでしょう。人間にはわからなくとも、神様にはわかる。中国でも「天網恢恢疎にして漏らさず」天の網はあらく見えてもひとと違って善行も悪行も見逃すことはない、ということわざがあります。神棚を据えた以上、そのことは肝に銘じてください。

自分の力以上の何かがいるということを考えましょう。日本でも不法投棄や立ション防止に電柱に鳥居を描いてあるところが多いようです。咄嗟にその行動をできなくなるのですね。

毎日品行方正でいろとは申しませんが、せめて神棚のある部屋では、卑猥な冗談や罵詈雑言、深酒、行儀の悪い行いを謹んでください。お子さんたちにも神棚に悪戯しないように言いましょう。特にお札やお守りを暴いて穢すことが無いようにしてください。

私は母にずっと大事にしなさいと言われていたお守りの中身を同級生の悪戯で開けられたことがあります。今は神社の植物を持って帰ったり、境内にごみを捨てたりする方が多いようです。

神棚もそこにお祀りするものも、大切に扱いましょう。神具は両手で持ってくださいね。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 21:45 | 神棚コラム

神棚は誰が引き継ぐ?/神棚コラム

今お祀りしている神棚を守っていく後継者はお決まりですか。神格はお迎えしたら、お世話申し上げる人間を決めないとなりません。神道の習わしには地域性がございますので一概には言えません。

一般的な見解を示しますと、ご長男が受け継ぐことになります。私の父方の本家は、瓦を葺く職人として身をたてて、地元では有名な家です。祖父が跡継ぎのいない分家に養子に取られたので本家とは縁がないのですが力関係は本家が上という気風が強いのです。神棚も本家がお祀りしている神格と同じものをまつって、行事も本家の指示通り動くというのが習わしです。当主が氏神の氏子、神社の奉仕者になるというのが習わしですね。女性が跡継ぎという事はあまりないのでお供えなども当主や家長が行います。

で、その当主が亡くなったら奥方が名代として守っていくというのが儒教の影響の濃い古い家の習わしです。長男が引き継ぐときの拒否権はありません。ただ、これは昔の話で性別や立場ではなく引き継げる人が継ぐというのが多くのお家の事情のようです。

でも必ず男子が生まれるというわけではないですし、他宗に改宗した場合お世話はできなくなります。神棚やお仏壇の引き継ぎトラブルは一家離散の元ですので、今のうちに決めておくか、神社さんに相談してみるとよいでしょう。特にお嫁さんは家のしきたりに過敏です。うるさく言うと関係が悪化します。

もしどうしてもすえられない場合は、神主さんにどうしたらいいか聞いておいた方がいいでしょうね。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 21:44 | 神棚コラム

神棚のお供えの仕方/神棚コラム

その家の風習によりますが、神棚には神饌、おみけと申しまして、お米と、お水、お塩を毎日差し上げるというのが習いです。

私の祖父は朝身支度をしますとこの神饌をささげに動くのが習いでした。朝起きた人が真っ先にお世話するというのがしきたりです。当主が行う習いの地域もございます。その場合家長がすごく早起きなので家のものも起きないといけないのです。神饌のお米は研いで清めたものをささげるか、たいたりおかゆにしたりして差し上げるか風習によって違います。虫などがきますのであげて暫くしたら下げましょう。こうしたことからもあまりじめっとした場所は駄目ですね。

神棚にお供えするものは、お米と塩とお水だけではございません。何か珍しいもの例えば、旬のものや珍味があった場合、先にお供えして、その後家のものが頂くということがございます。これは仏式でもユダヤ教でもそうですよ。初物はまずお見せして口にするのです。

神道では仏教と違って生鮮と言いまして、海産物などを嫌がりません。のし鮑などよく使いますでしょう。わりと皆様いろいろなお供えをしているようですね。祖父もいろいろそなえておりました。宝くじということもございます。面白いのはバレンタインにもらったチョコレートや通知表、免許、婚姻届などですね。親代わりに見てもらうという発想のようです。離婚届でもいいのかもしれませんよ。いざとなったら「神様の後押し」と思えますので。

ずっと置きっぱなしで忘れたりしないようにしてくださいね。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 21:29 | 神棚コラム

神棚を設置するときに揃えておくもの/神棚コラム

神棚を据えることが決まったらいくつか揃えておきたいものがございます。まずはご信仰の厚いお社のお札、氏神のお札、位格の高い伊勢の神宮大麻がベーシックです。神社さんに相談しますと、お札の扱いは教えてもらえます。

次が注連縄です。神棚の上の方に張って神域を示します。そして神鏡。『平家物語』では安徳天皇が三種の神器を抱えて海に沈みますが、鏡はどの宗教でも不思議な力を宿すと言われてきました。正倉院の宝物殿にはそれは見事な螺鈿と象嵌の鏡が納められていましたが、実用品の意味と神聖なものという意味がございます。

つぎに、神饌お供えをするための器。水は瓶子(へいじ)という徳利の変形のような器に入れるのが習わしです。神杯(しんはい)という漆塗りの御紋が入った杯を使うこともございます。器は専用のものを用いることが望ましいのですが、やむを得ない場合は人が口をつけて不浄になったことが無いものを当座のものとしてお使いになる方もおいでです。人とおなじ器はあまりよろしくないですね。折敷を使い、お供えをするのが正式ですが、地方によっては前にただ並べるだけということもございます。

後はお榊を活ける器です。お榊は花屋さんで買えますよ。一緒に御幣(神職さんがお祓いの時にふる紙の付いた棒)を飾ることもございますのでご確認ください。今はインターネット通販で全部そろうようになったので値段やデザインを確認してみると良いですね。神棚を据えた後はしきたりに則って並べていきましょう。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 21:28 | 神棚コラム

神棚を設置する日取り/神棚コラム

神棚を設置するときにはいい日どりと悪い日取りがある事を御存知ですか?

今はそう細かく言う方もいませんが、陰陽道、神道、仏教では吉日と忌日があるのです。「大安吉日」「仏滅」「三隣亡」聞いたことお有りですよね。仏教のものと思われがちですが、神道に影響を与えた陰陽道の系譜の考えです。

神棚ではないのですが、私の母は大変昔かたぎの人です。毎年、年末に穴八幡(早稲田)に行ってお札をもらい、新年に恵方、縁起のいい方角に貼ることを忘れません。失敗したら節分です。これ以外にもさまざまな決まり事がありまして正月飾りも買ってかざる日が決まっています。まず買うとしたら28日。末広がりで縁起がいいのです。29日は駄目です。苦飾りですから。31日はさらに駄目なのです。一夜飾りになりますので。すぐ滅びるという事ですね。

あまり気にしますと13日の金曜日恐怖症みたいな状態になってしまいます。ドイツ、イギリス、アメリカで起こるキリストが磔刑にかかった13日が怖くてしょうがないという恐怖症です。縁起恐怖という神経症の一種ですね。精神科や心療内科の治療対象です。神道でもおみくじの結果が悪いと具合がわるくなる方がおいでですが、そういう事を払うために神社さんや神棚があるのです。

日取りで悩んだ時には神主さんに相談して教えていただくのが一番です。ご予定もあるかと思いますので、無理をせずに、ご都合のいい日に設置なさってください。ただあまり、穢れにあたることが多いときには注意してまつった方がいいでしょうね。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 21:27 | 神棚コラム

神棚の向き/神棚コラム

神棚の向きには先に陰陽道の影響で北東の鬼門と、南西の裏鬼門を避けるということを書きました。ではその向きはどこなら良いのでしょう。

恵方、縁起のいい方角はその年によって変わるので、幸運を呼び込むための八幡札などはその方角に貼ります。ですが神棚は大きくて動かせないので、基本的には東もしくは南に向けて飾ります。明るい日の光が入る場所なら間違いがございません。家長制が強かった昔は、家長が座る席の頭上におくことが多かったのです。

また、騒がしくなく静かな場所がよろしいです。神社さんの境内は静かですよね。清浄で心がシャキッとするような場所です。どの宗教でも大事なのは神様との対話なのです。聖書には神がささやかれるというシーンがございます。他の宗教でもド派手に大声で関わってくる街宣カーのような神格は少ないのです。

よって子供部屋や、夫婦の寝室兼生活圏、廊下、階段などは相応しくございません。通常は高くまつりますがお仏壇のようにする方もおいでですね。高くすえる場合は、空調の風で痛まないようにしましょう。

もしやむを得ず、良くない場所にお祀りする場合は神主さんにひとこと相談してみましょう。お榊やしめ縄の張り方、清め塩などで不浄を取り除くということもできます。良くない場所でもどうしてもお迎えしたいということを伝えておくと「だめ」とはまず言われません。

気にしすぎて神棚がうっとうしくなっては本末転倒ですよ。大事なのは、祈り、仕える心です。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 21:25 | 神棚コラム

神棚をどこに置くか/神棚コラム

神棚をどこに置くかは、様々な細則があって覚えきれないという方が多いようです。では皆様、お客様が来た時どこにお席を設けますか。戸口に近い場所や、台所など匂いがきつい場所、お手洗いが見える場所などには設けませんよね。それは下座で、温かくて気持ちのいい場所に丁重にご案内になるでしょう。神棚を作るという事は、神様というお客様をお迎えすることなのです。「ここが家の中で一番居心地がいい」という場所にすえるのが本筋です。

我が国は集合住宅が多いので、中々難しいのですが、一般的に頭上を人が歩くような場所は良くないと言われています。一戸建ての場合は、一番高い場所に神棚の位置を定めるのが通常です。

部屋といたしましては、当主の部屋もしくは全員の顔が見える居間の高い場所に雲板を打って設けるのが一般的です。床の間の上などにすえることもございます。会社で作る際には社長室の上座ですね。

お仏壇が家にある方は並べてまつることが多いですね。何故かと申しますとね、鉢合わせしてしまうからなのです。神道と仏教は後程書きますが、そう仲は悪くないのです。ですが人間でも全く関係がない他人が同じ部屋で自分と同等に扱われていたら、面白くないし、気まずいですよね。そういうことを避けて、居心地のいい家だと思ってもらうのが神棚の位置にこだわる本当のいみなのです。

あまり悩まずに、お客様が長期滞在なさるのをお世話するつもりで場所を決め祀りましょう。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 18:25 | 神棚コラム

神棚の取り付け費用は?/神棚コラム

神棚の中には上方にあげるために雲板というおくための板を使うものがございます。神様より人間の方が高いことがあってはいけないという考えによるものです。でもこの雲板、取り付けるのは結構大変ですよ。素人さんでもできなくはないのですが、今の住宅は釘を打てなかったりします。そういうときには工務店に頼んだ方が良いかと存じます。

相場は神棚の規模によりますが、高くて10万円ぐらいですね。場所によってはつっかえたりしますので、見積もりを取ってから工務店に依頼してください。大まかですが、取り付け費用を知ることができます。不安な点は何回でもすり合わせをして位置を決めましょう。一度すえますと動かすにも作法(後の項でお話します)がございます。

すえた後は、神職をおよびして祈祷をしていただく必要がございます。その際にもお金を包むのが礼式です。この費用は地方によって違いますので、地元の物知りの方に聞いてみましょう。

地方によっては年に一度神職が氏子の神棚のお祓いをし、お米、たくあんなどの軽い食事をして回るところもございます。この時にも数万円程度包みますので、そういうしきたりが無いかをご確認になるとよいでしょう。

神棚自体も「神棚ってどこで買える?」で書いたように費用が掛かります。安易に設置するのではなく、いつでも守ってもらえるように場所や予算を決めていきましょう。本当は、ご長老や当主などすべて心得た方がおいでですとその方の言うとおりに出来て楽なのですが。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 17:02 | 神棚コラム

神棚って、どこで買える?/神棚コラム

神棚が古くなってきて、危ないので替えたいという方もおいででしょう。神棚は通常は仏具店等で売っています。実は通信販売の最大手の企業でも神棚を販売しています。どこで買えばいいのか分からないで、途方に暮れている方は検索してみるとよいでしょう。

神棚には、幾つか種類がございます。扉の数が違う一社の神棚、三社の神棚、屋根がフラットな通し屋根、箱型にすべてがおさまった神棚などです。すべてのお札を納めた一社の神棚はコンパクトで高い場所に据えてあることが多いのですが、お仏壇のように床の間のようにくぼんだ場所に据え置く地方もございます。箱型の神棚を置くことが多いようです。各々サイズが違いますのではかってから購入しましょう。本当は五社の神棚もあるのですが、今の日本の住宅は狭いので一社、三社のものしか販売していないお店が多いようです。

神棚の価格はものによりますが、三社のもので、おおよそ30万円ぐらいが相場のようです。神具や取り付けの費用、精を宿すための祈祷代金もございますので、予算をきちんと組んで計画的に購入しましょう。出来たら一族の皆様が、少しずつお金を出し合っておくとよいですね。他の家に神棚が無い場合は、おける人の家におくことが多いのです。

昔ながらの豪華な印象のデザインだけでなく、今風のシンプルデザインでインテリアの邪魔にならない神棚もあるそうです。本当に古くなってきたない感じになる前にしめ縄などはまめに交換しましょう。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 17:00 | 神棚コラム

神棚とお札/神棚コラム

『とおりゃんせ』という歌を御存知ですか。天神(いくつか候補あり。神奈川県の菅原神社)にお参りする女性と門番の押し問答がどこか恐ろしい歌です。用事が無いと通さないという歌詞から箱根関を抜ける人の歌とも言われています。その中に子供が7歳になったお祝いにお札を納めに来たという歌詞がございます。

このお札は必ず、神棚に祭られているものです。神気を込めた大麻、個人の魂をまつった霊璽(れいじ)などございます。後は、願いを申し立てかなえて頂くためのお札もございますね。中身は単なる紙ですが、かかれている神の名その他で神の息吹、精が宿っている依り代だと考えられます。

通常お札は神棚の中に格の高い神格を前にしてしまい、必要な時以外は閉じてお祀りするのが作法です。大事なのは神棚ではなく、このお札なのです。汚れよけの薄紙に包まれていますがはがしてからまつるのが通例です。まつる前には、手や身を清めて、清浄を保って行うのが通例です。

今、スピリチュアルブームでお伊勢さん(最高神天照大御神が主神)、熊野三山が人気があるようですね。特に熊野那智大社は、那智の滝という自然物がご神体です。ご神体は他に剣であったりするのです。七支刀などが有名ですね。

お札は多ければ霊験あらたかという事ではございません。何でもかんでも頂いてくるのはよしましょう。時期が来たらお返しするので汚れが無いようにしてください。どのような事情でも1度まつったらその家の神格です。おろそかになさいませんように。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 16:56 | 神棚コラム

神棚の神様は、どんな神様?/神棚コラム

神棚の位置もきちんと調べて設置したという方、少しお待ちください。ご自分の神棚にどのような神格がまつられているか御存知ですか。我が国には八百万の神(やおよろず)の神という考えがございまして、ものすごい量の神格がございます。

神格と言っても様々です。水で占いをすることで有名な貴船神社は水の神格化されたものが、ご神体です。自然にあったものを拝むのはアニミズムという原始宗教の名残です。他に人に愛された功績のある人物を祀った神社から、長く生きて神力を得た動物霊を祀った神社までございます。

ご先祖をまつる例もございますね。祖霊というのですが、この考えは中国など大陸から来たものです。孔子の『論語』には先祖のまつり方の描写があるのですが、中国では鬼(き)と申しまして亡くなった人は祀らないと祟るという考え方がございます。戦争をしても敵方全員を滅ぼすことはしなかったのです。誰か残っていないと祟ると考えていたのです。

よく知らない人に何か仕事を頼んだり、嘆願をしたりしないでしょう。せめてご信仰の神格がどのような神なのか知っておいた方がいいですよ。普通は大ボスのお伊勢さん、格の高い霊験の高い神格、地域や氏族の氏神、鎮守をお祀りしています。後は家の商売と結びつきの深い神格をまつっていることも多いのです。

とりあえず、神棚がある以上はその神格に真心を尽くすのが筋です。都合のいい時だけ空念仏よろしく祝詞をあげるのはマナー違反ですよ。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 16:54 | 神棚コラム

神棚、どうしよう/神棚コラム

あなたのお家には、神棚はお有りですか。もしくは新しく設置しようとしておいでではありませんか。設置をする前に神棚の位置が適切かどうか確認しましょう。神道にはしきたりが沢山ございます。

「信じてないから関係ない」という方も多いかもしれませんね。でも神道と私たちの生活は切っても切り離せません。実は年中行事で関わっていることが多いのです。お正月のお供え餅、角松などは年神を迎えるためです。顕著なのは節分です。元は追儺と言いまして、人に災厄をもたらす邪気を払うための風習です。

「鬼は外。福は内」が一般的な掛け声ですが「鬼はうち」と掛け声をする事もございます。因みにヒイラギと鰯の頭を飾る風習もございます。鰯の頭も信心からということわざは、ここから出ています。因みに豆まきで使ったお面は、お飾りと共に台所の壁などに貼っておく風習がございます。邪まをもって邪まを封じるという考えです。

おいなりさんは好きですか。あのいなり寿司の語源は、稲荷大明神なのです。食物の神をまつった神社でお使いはしろいお狐さんです。こういう動物などを眷属というのですが、皆様絶対に何かしらみているはずですよ。サッカーをご覧になった方は日本代表の胸元にカラスがある事にお気づきでしょう。あれは八咫烏という熊野大社のお使いの姿なのです。カラスはギリシャ神話でも太陽神アポロンの使いになっています。

身近なところに神道があるのが日本人の生活です。しきたりを守って伝統を継承するために神棚の位置を決めていきましょう。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 16:31 | 神棚コラム

「神棚コラム」について

「神棚コラム」では、神棚の位置、祀り方、飾り方、設置する方角、向き、高さなどの決め方や考え方、処分方法などについてお話ししていきます。

さて、神棚の位置でお悩みの皆様、ご自分のお家が氏神様として、お祀りしておいでの神格のことをどれだけ御存知ですか。

昔はこういうサイトにきかなくとも、一族の長老が、すべて心得てどのようにお祀りするかを子供に伝えていたのです。でも今はそういうことも無くなりました。

私たちはお迎えした柱にお仕えするのです。神様と申しますとなんでも叶えてくださると思う方が多いのですが、実は違うのです。激しく荒々しい面もあるのです。日本の神道ですと荒御霊と申しまして、祀らないと祟るから祀って神格になった神様が沢山ございます。御霊といって、死んだ人が危害をもたらすのを防ぐために祀ることもあります。菅原道真公の天満宮がそうですね。

祀って敬い、自分を低くするのが、神格を家にお迎えするという事です。そこを考えますと、神棚の場所も自然と決まるのです。

皆様は、上司や尊敬する方がおいでになった時には、温かくて綺麗に清められた、一番心地のいいお席を用意するでしょう。神棚も実は同じ事なのです。不吉とされる北の方ではなく、東などに向かせ、ご不浄などの傍には近づけないようにします。

仏壇は昔は神仏習合と言って同じ敷地にお寺さんとお社があったので、一緒でも構いません。ですが亡くなった方が出て、仏式でお葬式をする場合は、半紙を神棚に貼りつけて、不浄を嫌う神格のご機嫌を損ねないようにいたします。これは髪封じというものです。人によっては互いに見えないようにと、仏壇の配置を変える方もおいでです。

宗派によって祀り方が違いますので、詳しくは神主さんに聞いて必要なものを揃えましょう。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 16:29 | 神棚コラム

最近の記事

神棚の設置と祀り方 最新記事一覧
神棚の設置と祀り方 カテゴリー
タグ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。