神棚の設置と祀り方

神棚(かみだな)の設置の方法と祀り方(まつりかた)について解説します。神棚は、神社でいただいたお神札をおまつりする神聖な場所です。設置するときの家の中での位置や置き方や向き(方位・方角)は大切です。扉や棚板が必要になります。お札やお供えの作法、「空」「雲」などの付け方、処分するとき、通販での購入、などをご説明しております。このサイトで神棚のお祀りについて学んでいただき、ぜひご家庭にも置いて、家族の健康と安全や平穏無事に過ごせたことへの感謝を、毎日神棚にお参りしましょう。

カテゴリー:設置・位置・方角

当サイトへご訪問ありがとうございます!

当サイト「神棚の設置と祀り方」では、神棚(かみだな)の設置の方法と祀り方(まつりかた)について解説しております。主に、お札やお供えの作法、「空」「雲」などの付け方、処分するとき、通販での購入、などをご説明しております。詳細は、各カテゴリー、各ページをお読みください。

神棚のお祀りについて当サイトの情報を参考にしていただき、ぜひご家庭にも神棚を置いて、家族の健康と安全や平穏無事に過ごせたことへの感謝を、毎日神棚にお参りしましょう。

神棚は、神社でいただいたお神札をおまつりする神聖な場所です。家や事務所などに設けられ、崇敬する神社の分霊や御札など神道の神を祀るための棚です。家では、家族がよく集まる茶の間などの場所に設けられますが、座敷などの接客用の部屋に設ける場合もあります。

設置するときには、家の中での位置、置き方、向き(方位・方角)は特に大切です。東向きか南向きの方角で、大人の目線より高い位置に設置します。また、神棚には扉や棚板が必要になります。

神棚を設置したら、小型の神社を摸した宮形(みやがた)を置き、そこに伊勢神宮や氏神、信仰する神の御札(おふだ)を納めます。そして手前に神鏡(しんきょう)、榊(さかき)、燈籠(とうろう)、神饌(しんせん)を供えます。さらに神棚の最上部には注連縄(しめなわ)を張り、そこに紙垂(しで)を4枚はさみ込みます。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 00:00 | 設置・位置・方角

神棚への注連縄(しめ縄)の飾り方

神棚に、しめなわ(注連縄)を取り付ける方法をご紹介します。しめ縄とは、そこが神聖な場所であることを示すための標識として張られる縄のことです。しめ縄には神様の世界を守るという意味があり、神棚の高部に配置し、神棚を不浄から隔て、神様の世界を守ります。

しめ縄の種類には、太さが一定のしめ縄と、だんだんと細くなって行くしめ縄(「大根じめ」や「ごぼうじめ」という種類)があり、後者の方が一般的です。

しめ縄の張り方は、一般的に、向かって右が太い方、左が細い方になるような向きで、神前の一番手前の上方に張ります。しめ縄には「紙垂(しで)」または「四手」と呼ばれる紙片を挟み込みますが、その紙の折り方には伊勢流、白川流、吉田流などがあります。

しめ縄は定期的に新しいものに交換しなければいけません。その最も良いタイミングが正月です。毎年の正月に、神札としめ縄を新しいものに交換します。お供えする榊も、枯れる前に取り替えます。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 17:24 | 設置・位置・方角

神棚の設置の仕方

神棚の設置の仕方についてご紹介します。

そもそも神棚とは、家庭祭祀です。地鎮祭、上棟祭、新築祝い、初宮参り、七五三の祝い、入学祝い、進学祝い、卒業祝い、就職祝い、成人式、結婚式、還暦(60歳)、古稀(70歳)、喜寿(77歳)、米寿(88歳)、白寿(99歳)など、家の慶事に関する一切を、その節目ごとに奉告し、感謝の祭り事を行うために、神棚を設置することが必要です。

神棚の設置の仕方ですが、お神札は、その種類によって、納め方の順序が決まっています。

(1)横に並べてお祀りする場合

中央に伊勢神宮のお神札である神宮大麻(じんぐうたいま)、向かって右側に氏神さまのお神札、左側に崇敬する神社のお神札、を納めます。

(2)重ねてお祀りする場合

一番手前に伊勢神宮のお神札、後ろに氏神さま、次に崇敬する神社のお神札を納めます。神棚を設置する場所ですが、できるだけ明るくて清らかな、環境のよいところが理想的です。

また、家族が一番よく集まる部屋に設置することも大切です。神棚を設置して神様をおまつりするということは、毎日の神拝や神様を大切に思う心が一番大切だからです。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 07:53 | 設置・位置・方角

神棚の配置

神棚の配置は、とても大切です。なぜなら、神聖な場所、家の精神的な中心となる場所だから、正しく配置する必要があるからです。

神棚は、まず居間等の高い位置に配置します。そしてさらに、清浄な場所、静かな場所、明るい場所に配置します。そしてできれば、家族全員が親しめる場所に配置しましょう。

配置する向きは、南向き、または東向きにお祀りします。配置する高さ、巾、奥行きは、十分に気を配り、注意しましょう。

配置する場所の上が2階で、そこを人が歩いたり、あるいはタンスや押入などで物を置いたりする場合があります。これは、神様に対して大変失礼にあたる配置となります。そこで、そのような場合は、配置した場所の天井に「雲」を付けておきましょう。雲は、神棚を配置した上には何もありません、という意味です。雲には、木彫りの物や紙に書いた物などがあります。

神棚に、大きい宮形を配置した場合は、中央に神宮大麻、向かって右に氏神さまのお神札、向かって左に崇敬する神社のお神礼をお祀りします。小さい宮形を配置した場合は、一番手前に神宮大麻、その後に氏神さまのお神札、次に崇敬する神社のお神札を重ねてお祀りします。

もし、神棚がまだ配置されていない家庭で、お神札をいただいてきた場合には、清浄な棚や戸棚の上にお神札をお祀りしましょう。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 20:22 | 設置・位置・方角

神棚の祀る向き(方角)

神棚を祀る(置く)ときの向き方角は、とても大切です。向きや方角は、一般に以下のようにするのが良いとされています。

(1)お祀りする場所と向き

・明るくて清浄な場所
・家族全員の親しみのある場所
・毎日お参りしやすい場所・向き
・見上げる程度の高さの場所・向き
・神棚の下を通路にしない
・神棚の上を部屋にしない

(2)設置するときの方角(向き)

・安置する方角は部屋の北側で、正面は南の向き

または

・安置する方角は部屋の西側で、正面は東の向き

(3)仏壇と同じ部屋に祀る場合の向き

仏壇と同じ部屋にお祀りする場合は、神棚と仏壇が向かい合わせにならない向きで置きます。お参りするときに、それぞれにお尻を向けないようにするための向きに置くということです。

(4)神棚に注連縄(しめなわ)を張る場合の向き

しめ縄を張る場合は、一般的に向かって右に太い方、左に細い方がくる向きで張ります。注連縄には、内と外を区別して、神棚を不浄から隔てるという意味があります。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 18:55 | 設置・位置・方角

神棚の方向

神棚の方向についてご紹介します。

神棚は、家族がよく集まる茶の間などの場所や、接客用の座敷などの場所に設けられます。

神棚を祀る方向は、東向きか南向きで、大人の目線よりも高い場所に祭ります。方向が決まったら、天井から吊るか鴨居を利用するかして棚を設け、その中央に宮形を置きます。神棚の方向については、大工さん、建築家などに聞くのが良いと言われています。

しかし、神棚の方向には、以下のように色々な説があるのも事実です。

・東向きか西向きの方向に祀る
・方向はきちんとしていないとダメ
・気持ちが大切なので、空いている場所に作れば方向はどちらでもいいいい
・御神符を頂いている鎮守の神社のお社と同じ方向がいい
・仏壇の斜め上の方向に祀る
・仏壇と並列したの方向に祀る
・仏壇の真上に祀る
・仏壇と神棚が向き合わない方向に祀る

迷ってしまいますので、方向については神社に聞くことをオススメします。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 18:07 | 設置・位置・方角

神棚の方位

神棚の方位は、家の中の最も清らかで明るいところに、南向きか東向きの方位に設置します。

できるだけ、家族全員が親しみやすく、お供えしたり拝礼したりするのに都合の良い方位を選びます。その方位で目線よりも高い位置に、座敷や居間の鴨居などを利用して棚を作り、その中央に神殿を構えます。

家を建てる時は、その土地の中で一番良い方位、良い間取を考えます。神棚も同様で、その家の中で一番良い方位におまつりします。

ですから、人の行き来の多い場所、人が出入りするドアの上、トイレと背中合わせの場所、階上がある場所、神棚の上を人が行き来する場所、などは、方位として避けた方がいいでしょう。

神棚をはじめて設ける場合は、神棚の清祓を氏神さまにお願いしましょう。方位についてよく分からなければ、氏神さまにお尋ねしましょう。

神殿の両側には榊(さかき)を活け、神殿の正面には注連縄(しめなわ)を張ります。神殿の前には祭器具を置き、神さまがお召し上がりになるお米、お塩、お水を毎日お供えします。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 07:35 | 設置・位置・方角

神棚の位置の条件

神棚の位置には、望ましいといわれている場所があります。

神棚は家庭生活の中心、神様の住まいという位置づけです。ですから、まず明るい位置に置く事です。そして清潔な位置に置く事です。そして南向きまたは東向きの位置に置く事です。

そして目の高さ以上の高いところ、つまり大人が見上げるくらいの高さの位置に置くことです。これらが、神棚を置く位置として望ましいと言われています。大人が見上げるくらいの高さの位置は神棚を置くようにはなっていないので、そこに棚などを作って、その上に設置します。

また、置く部屋は、居間など家の中で家族がいつも集まるような位置・部屋であることが大切です。つまり、神様を毎日朝晩、親しみを持ってお祀りしたりお供えしたりできる位置であることが大切なのです。

また、下に人が通ったりする位置、人が出入りするドアの上などの位置、トイレと背中合わせの位置などは避けるべきです。2階のある家では、神棚の真上あたりを人が歩くような位置も避けるべきです。

そうは言っても、現代の住宅事情では、なかなかこれらの条件全てを満たすような適切な位置が見つからないことも多いでしょう。また、特に賃貸マンションなどでは壁に穴を開けたりもできないことが多いので、そもそも棚自体を作るなどということも難しいかもしれません。

そういう家にお住まいの場合は、そういう条件の中でも最良だろうと思われる位置を1ヶ所決めて、お祀りすれば構わないようです。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 16:12 | 設置・位置・方角

仏壇と神棚の位置関係

仏壇神棚を同じ部屋の中にお祀りしていいのかどうか、同じ部屋の中に置くとしてもどう置けばいいのか、悩んでしまうかもしれません。

「仏壇と神棚とを同じ部屋に置くのは良くない」と言う方もいるようですが、実はそんなことはなく、同じ部屋でも構わないようです。

通常、仏壇を置いてある部屋は、家の中で最もいい部屋であることが多いので、むしろ同じ部屋に置く方がオススメなのです。

ただし、仏壇といっしょの部屋に設置する場合は、ちょっとした注意が必要です。それは、「神棚と仏壇とが向かい合うようには置かないこと」です。向かい合わせに置く事は「凶相」であるといわれているからです。

神棚を置く方向は南向きか東向き、仏壇は南向きか東向きか西向き、がいいとされています。2つを置く時は、並べて置くか、L字になるように置きましょう。

(1)仏壇と神棚を並べて置く場合

神棚は部屋の中心に近い位置に、仏壇は脇の方の位置に置きます。つまり、神棚が「主」、仏壇が「従」という位置関係になるように置くということです。

(2)仏壇と神棚をL字に置く場合

同じく、良い方の場所に神棚、それ以外の場所に仏壇、を設置します。
タグ:位置


スポンサーリンク
posted by kamidana at 05:12 | 設置・位置・方角

神棚をマンションに設置する場合

神棚マンションに設置する方法についてご説明いたします。

マンションでは、壁に釘を打ち付けることができない場合がほとんどです。このようなマンションの場合は、棚を設ける神棚方式ではなく、間口は三尺程度で床から積み上げていく神床方式で、その上段に神社の御神札を祀る事になります。

または、整理ダンスなどの上に板を一枚敷いて、その上に祀るという方法になってしまうのも、マンションなどの場合は仕方ありません。

デザインがモダンな家やマンションなので、日本的な雰囲気の神棚は置きたくないが、神様はおまつりしたいという場合があります。その場合は、神札を札筥(箱)に納めて祀るという方法もあります。

和風建築では、神棚を「かもい」や長押(なげし)の上に祀ってきました。しかし、住居の洋風化が進んで、マンションなどでは釘を打てないところが増えてきて、いつしか神棚を祀る家も減ってきていました。

ところが最近では、世相を反映してか、心のよりどころなどとして神棚の存在が見直され、マンションなどでも神棚を設置する方が増えてきているようです。

お祀りする場所をどうするかということよりも、お祀りしている場所の環境を毎日良好に保つこと、毎日献水をすること、きちんと榊立にサカキを収めて供えることなど、要するに気持ちの問題、心の問題の方が大切だと思われます。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 05:00 | 設置・位置・方角

神棚を自宅や会社・事務所などに祭る

神棚を自宅や会社・事務所などに祭るのは、とても良い事です。自宅や会社などに小さな神社が出来ることと同じであり、神様をお迎えする事になります。

神棚を設置する棚は自作することも簡単ですし、またキットも販売されています。それこそ工作をするような感じです。白木を購入して製造しても良いでしょう。

神棚の置き方や方位を確かめ、設置方法を検討し、神社や神棚を販売している店などに相談しておこなうと、問題ないでしょう。

家を新築する時には、地鎮祭を行います。地鎮祭を、新築時に神棚を祀るきっかけとするのも良いでしょう。また、引越しの時に神棚を祀ったり、また移動させたりすることもあるでしょう。そのような時にも、引越し先の部屋などのお払い共々、お願いする人も多くいるようです。

神棚は通常、棚の上に神明造などの神殿(お宮または社)をお祭りします。

それ以外に吊り式の神棚があります。それは箱宮と呼ばれます。この箱宮は板の上に置いてもよいですし、壁にそのまま吊り下げられるように留め金も付いています。箱宮は、より設置方法が簡単といえるでしょう。

神棚には、榊とお酒・お水・お塩・お米は必ずお供えしなければなりません。その他の装飾品も、出来ることならば置いた方がよいでしょう。

また、神社から頂く縁起物も一緒に飾りましょう。破魔矢・熊手などの縁起物は、神棚の側面または床の間などにお祭りしましょう。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 03:00 | 設置・位置・方角

神棚と風水、遷座式

神棚と仏壇については、奉り方は異なるようです。風水や家相などでは、良い方角や避けるべき方角などがあります。

仏壇の上に神棚を奉るのは良くないとされています。家が新築した時などに神棚を祀り飾る場合も多いようで、その時に方位などの風水に凝る人も多いようです。

神棚には暖簾のような幕を掲げます。これは神前幕とよばれるもので、神前幕には無地・稲荷紋・巴紋などの種類があります。

神棚を移動させなければいけないような状況があります。例えば引越しや事務所などの移転、または同じ建物内での移設などが考えられます。そのような時には、地域の神社に相談しましょう。

神棚の移動・移転・引越しなどで神棚を動かすことを、神様にご報告する「遷座式(せんざしき)」をとりおこなってくださるでしょう。

ところで、神社と言えば、稲荷を思い出す人も多いでしょう。稲荷神社は屋敷神とされ、ビルの屋上にあったりする数多い神社です。江戸時代は、江戸に多いものの一つが稲荷神社といわれていたそうです。
タグ:風水 神棚


スポンサーリンク
posted by kamidana at 07:39 | 設置・位置・方角

最近の記事

神棚の設置と祀り方 最新記事一覧
神棚の設置と祀り方 カテゴリー
タグ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。