神棚の設置と祀り方

神棚(かみだな)の設置の方法と祀り方(まつりかた)について解説します。神棚は、神社でいただいたお神札をおまつりする神聖な場所です。設置するときの家の中での位置や置き方や向き(方位・方角)は大切です。扉や棚板が必要になります。お札やお供えの作法、「空」「雲」などの付け方、処分するとき、通販での購入、などをご説明しております。このサイトで神棚のお祀りについて学んでいただき、ぜひご家庭にも置いて、家族の健康と安全や平穏無事に過ごせたことへの感謝を、毎日神棚にお参りしましょう。

カテゴリー:扉・棚板・壁掛け神棚など

神棚の上に雲を付けます

神棚の上には、「」を貼るのが一般的です。

神棚は、家の精神的な中心であり、神聖な場所です。明るく静かな高い位置、または家族全員が親しめる場所に、南向きか東向きでお祀りします。そして、その上には何もないようにするのが基本です。

しかし、現在の住宅事情では、神棚の上には2階があって、廊下、トイレ、タンス、押入などがあり、物を置いたり人が歩いたりすることが多いでしょう。でもこれは、神様に大変失礼にあたります。

そこで、このような場合や、上の階が気になるときなどには、神棚を取り付けた場所の天井に「雲」を付けるのが一般的です。上に「雲」を貼り付けるのは、「この上には何もありません」という意味です。「この雲の上には、廊下、トイレ、タンス、押入などはありません」「この雲の上には、物が置かれたり、人が歩いたりしません」という状態になります。

「雲」には、木彫りの「雲」、紙に書いた「雲」があります。木彫りの「雲」は、桧彫の天雲などがあります。大きさは大きい雲(高さ12センチくらい)と小さい雲(高さ5センチくらい)が一般的です。

これらの雲の値段は、どちらも同じくらいです。大きい方の雲を使うのが普通です。小神殿や箱宮の場合は、小さい方をの雲使う場合もあります。紙に書いた「雲」は、「雲」という字を白い紙(奉書紙など)に書いて、神棚の上の天井に貼ります。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 07:22 | 扉・棚板・壁掛け神棚など

神棚は棚板を取り付けることから始まる

神棚は、棚板を取り付けることから始まります。棚板は鴨居などを利用して作られる事が多いようです。またこの棚板もセットで販売されています。ホームセンターなどでも扱っているようです。

マンションなどで床の間などがなく、神棚をタンスの上などに設置するしかない場合も、棚板を作りましょう。棚板の作り方は簡単だと思います。そもそも棚板とは板で棚を作る事です。その棚板は神様の聖域であることを表します。必ず棚板を設置しましょう。

棚板ができたら飾っていきます。神様をお迎えするのが「お宮」または社(やしろ)と呼ばれる神殿です。神殿(お宮または社)にはお札を納めます。そして、神具と呼ばれる、神様にお供えする道具類を配置します。

そして注連縄(しめ縄)を神棚の高部に配置し、神様の世界を守ります。しめ縄には神様の世界を守るという意味があります。

そのために、しめ縄は定期的に新しいものに交換しなければいけません。そのタイミングが正月です。毎年正月に神札と注連縄(しめ縄)を新しくします。お供えする榊も、枯れる前に取り替えます。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 01:00 | 扉・棚板・壁掛け神棚など

三社(三社宮)の神棚

神棚の「三社」三社宮)についてご紹介します。

神棚とは、伊勢神宮からいただいた神札や、神社からいただいた神札を祀るための「社」と、その社を設置するための「棚」のことをいい、扉がひとつの一社宮と、扉が3つの「三社」(三社宮)が最も多く使われています。

三社には、通し屋根のものと、屋根違いのものがあります。 一社にするか三社にするかは、お祀りするスペースにもよりますが、本来は三社宮を御祀りすべきものです。

お神札の納め方ですが、三社宮の場合、社の中央が一番の上座で、次が向かって右、その次が左です。従って、中央に天照皇大神宮さま、右に氏神さま、左に御先祖又は信仰している神の御神札をおまつりするのが、三社のおまつりの仕方です。

御祀りしている神棚が三社宮ではなく一社宮の場合は、一番前が大神宮様、その後に氏神様、その後にその他の神様を奉安します。

三社でも一社でも扉は閉めても構いませんが、開けておく場合は御簾をさげておくと良いでしょう。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 07:22 | 扉・棚板・壁掛け神棚など

棚板の用意

神棚には棚板が必要です。

神棚のお祀りの順序は、

1.お祀りする部屋を決める。
2.部屋の大きさから、棚板の大きさを決める。
3.棚板の大きさにあったサイズのお宮、神具を揃える。
4.神社から頂いた御札(神札)をお祀りする。

となりますので、棚板の大きさ・選び方というのは重要なんです。

一般的な棚板の大きさ(長さ)をご紹介します。

(1)3尺6寸5分(110cm)の棚板

もっとも一般的な大きさの棚板です。8畳前後の部屋にはちょうどいいサイズです。110cmというと大きすぎるように感じます。でも、神棚は天井近くの高い位置へ設置するので、意外と大きさは気になりません。

(2)1尺5寸(45cm)の棚板、2尺(60cm)の棚板

このサイズは、一般的な神棚(お宮)を置くには小さすぎます。荒神様をお祀りする場合、神棚(お宮)とは別に稲荷様や大黒様をお祀りする場合、であればぴったりです。

(3)2尺5寸(75cm)の棚板

このサイズは、御札(神札)を3つ並べてお祀りする「三社宮」を置く場合の、ぎりぎりのサイズの棚板です。

(4)4尺5寸(135cm)の棚板、5尺(160cm)の棚板、6尺(180cm)の棚板

一つの棚板に複数のお社をお祀りしたい場合、神棚をより立派にお飾りしたい場合、会議室や役員室などの特に重要な場所へ設置したい場合には、このサイズが適しています。

棚板の奥行には、1尺2寸(36cm)と1尺5寸(45cm)の2種類があり、1尺2寸(36cm)が一般的です。ただし、御札(神札)や神具をゆったりとお祀りしたい場合や、お飾りを施したい場合、神社でのお祭やご祈願などで戴く授与品を置きたい場合、お正月飾りなどを余裕をもって置きたい場合には、1尺5寸(45cm)の方がお勧めです。

スポンサーリンク
posted by kamidana at 08:06 | 扉・棚板・壁掛け神棚など

最近の記事

神棚の設置と祀り方 最新記事一覧
神棚の設置と祀り方 カテゴリー
タグ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。